2017年3月25日で創業30周年を迎えたエスピーオー。
古今東西の映画やドラマをリリースしてまいりました。

エスピーオー目線!なビデオ業界の歴史と併せて、どんな作品をリリースしてきたのか、それぞれの時期の代表作をご紹介します。懐かしい!と楽しんでもらえますように。


1987年~1989年:エスピーオー創立期   2017.12.4更新
1990年~1996年:SFのエスピーオー期  2017.12.8更新
1997年~2002年:K2エンタテインメントで映画配給事業を本格化期1  2017.12.11更新
        K2エンタテインメントで映画配給事業を本格化期2  2017.12.12更新
2003年~2009年:韓流・アジアブーム到来~アジアから日本へ~期1  2017.12.15更新
        韓流・アジアブーム到来~アジアから日本へ~期2  2017.12.18更新
        韓流・アジアブーム到来~アジアから日本へ~期3  2017.12.19更新
2010年~2011年:K‐POPブーム期  2017.12.22更新
2012年~現在  :ドラマ製作~日本からアジアへ、そして世界へ~期1  2017.12.25更新
         ドラマ製作~日本からアジアへ、そして世界へ~期2  2017.12.26更新

SPO30周年記念サイト:http://www.cinemart.co.jp/spo30th/

===========

2012年~現在  :ドラマ製作~日本からアジアへ、そして世界へ~期1


<エスピーオー目線!なビデオ業界史>

映像界の韓流ブーム、音楽界のK‐POPブームなど、韓国エンタメが日本でも一般大衆化して身近な存在となっていくのと並行して、台湾のドラマやアイドル、中国ドラマなど、アジア圏全体の娯楽文化に触れる機会も増え、その人気も定着。当社はこの経験を活かし、次なる舞台として、日本やアジア各国と共同でドラマを製作し、日本国内だけの展開にとどまらず、アジア圏、そして世界への発信にも乗り出した!



「イタズラなKiss~Love in TOKYO」

監督:永田琴、阿部雅和、川野浩司
原作:多田かおる
脚本:三浦有為子
出演:未来穂香、古川雄輝、山田裕貴、西村知美

アジア圏各国でのドラマ化、日本でもアニメ化、舞台化などが繰り返されてきた多田かおるの人気少女漫画17年ぶりの日本ドラマ化。2013年にCSのフジテレビTWOやBSフジで放送。主演の古川雄輝は中国で憧れの男性を指す"男神"と称されるほどの絶大な人気を博し、アジア圏でブレイクするきっかけになった。また、1996年の日本版ドラマに主演した柏原崇と佐藤藍子がゲスト出演している。

DVD発売:2013年
<ディレクターズ・カット版>Blu-ray&DVD-BOX1&2 発売中 
BD:各¥15,000+税 DVD:各¥12,000+税
発売元:「イタズラなKiss~Love in TOKYO」製作委員会 販売元:エスピーオー

「美男<イケメン>ですね~Fabulous★Boys」
監修:ジェリー・フォン
監督:ウー・ジエンシン
出演:ジロー、ルゥルゥ・チェン、エヴァン・ヨー、ジェイコブ

シスター見習いのヒロインが、男装して双子の兄のかわりに人気バンド"A.N.JELL"の一員となり、イケメンメンバーと恋に落ちるという大ヒット韓国ドラマの台湾版リメイク作。DVDとサントラ発売を記念してA.N.JELLを演じたジロー、ルゥルゥ・チェン、エヴァン・ヨー、ジェイコブが来日し、渋谷でイベント&サイン会を開催した。

DVD発売:2013年
<シンプルBOX 5,000円シリーズ>DVD-BOX 発売中 \5,000+税 
発売元:エスピーオー/フジテレビ 販売元:エスピーオー

「イタズラなKiss2~Love in TOKYO」
監督:小中和哉、松本壇、二宮崇
原作:多田かおる
脚本:新井友香、今奈良孝行、古賀文恵
出演:未来穂香、古川雄輝、山田裕貴、堀井新太

「イタズラなKiss~Love in TOKYO」の世界的な大ヒットを受けて製作された続編。ドジだけど前向きな琴子と、ツンデレの天才イケメンの直樹の結婚生活やそれぞれの夢を目指す姿を笑いと涙で描くラブコメディ。地上波で放送され、2015年上半期amazonのDVD・ブルーレイ売上(日本TVドラマ部門)1位を記録した(年間大賞でも2位を記録)。

DVD発売:2015年
<ディレクターズ・カット版>Blu-ray&DVD-BOX 1&2 発売中 
BD:各¥15,000+税/DVD:各¥12,000+税
発売元:「イタズラなKiss2~Love in TOKYO」製作委員会 販売元:エスピーオー


「のだめカンタービレ~ネイル カンタービレ」
監督:ハン・サンウ
原作:二ノ宮知子
脚本:シン・ジェウォン
出演:チュウォン、シム・ウンギョン、パク・ボゴム、ペク・ユンシク、イ・ビョンジュン

日本でドラマ化&映画化やアニメ化されたことでも知られる二ノ宮知子原作の人気少女漫画を韓国でドラマ化。次世代スターたちが脚光を浴びた中、特にオリジナルキャラクターを演じたパク・ボゴムが話題を集め、現在最注目の韓国若手俳優の一人に押し上げた。主演のチュゥオンとシム・ウンギョンが来日したドラマイベントでは、この日のために結成されたスペシャルオーケストによるクラシック音楽の演奏や、オーケストラをバックにチュウォンが生歌を披露し、盛況を収めた。

DVD発売:2015年
Blu-ray&DVD-BOX1&2 発売中 Blu-ray:各¥18,000+税 DVD:各¥18,000+税
発売元 :エスピーオー/フジテレビ 販売元 :エスピーオー

編集:シネマート編集部 / 制作協力:キネマ旬報社

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  2. 2ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  3. 3【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ディン・チュアン(丁川)
  4. 4【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  5. 5【中国時代劇トリビア】第3回:ファンタジー<前編>
  6. 6【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  7. 7【中国時代劇トリビア】第3回:ファンタジー<後編>
  8. 8【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ(趙又廷)
  9. 9【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<1>「演技で勝負しようと思...
  10. 10「花と将軍」放送開始!マー・スーチュン、ション・イールンが夫婦に
  1. 1【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  2. 2ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  3. 3【毎日ちょい見せ☆まとめ】12/28までの期間限定!「台北ラブ・ストーリー〜美しき過...
  4. 4【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<1>「演技で勝負しようと思...
  5. 5【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  6. 6【のむコレ2018特集】宣伝担当&『ゴッズ・オウン・カントリー』上映委員会 村井さん...
  7. 7【インタビュー】「花と将軍」ション・イールン「単純に柔らかく美しいところを表現するだ...
  8. 8【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  9. 9【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ(趙又廷)
  10. 10【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ディン・チュアン(丁川)
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事