2017年3月25日で創業30周年を迎えたエスピーオー。
古今東西の映画やドラマをリリースしてまいりました。

エスピーオー目線!なビデオ業界の歴史と併せて、どんな作品をリリースしてきたのか、それぞれの時期の代表作をご紹介します。懐かしい!と楽しんでもらえますように。

1987年~1989年:エスピーオー創立期   2017.12.4更新
1990年~1996年:SFのエスピーオー期  2017.12.8更新
1997年~2002年:K2エンタテインメントで映画配給事業を本格化期1  2017.12.11更新
        K2エンタテインメントで映画配給事業を本格化期2  2017.12.12更新
2003年~2009年:韓流・アジアブーム到来~アジアから日本へ~期1  2017.12.15更新
        韓流・アジアブーム到来~アジアから日本へ~期2  2017.12.18更新
        韓流・アジアブーム到来~アジアから日本へ~期3  2017.12.19更新
2010年~2011年:K‐POPブーム期  2017.12.22更新
2012年~現在  :ドラマ製作~日本からアジアへ、そして世界へ~期1  2017.12.25更新
         ドラマ製作~日本からアジアへ、そして世界へ~期2  2017.12.26更新


SPO30周年記念サイト:http://www.cinemart.co.jp/spo30th/

===========

2010年~2011年:K‐POPブーム期


<エスピーオー目線!なビデオ業界史>

旧作映画などのリリースが一巡してDVDセル市場が停滞し始める中、新メディアのBD(ブルーレイディスク)が誕生。BDによるカタログタイトルの再リリースなども含めてマーケットは何とかサイズを維持するも、業界再編の波は続き、レンタル市場では一層の低価格化が進んでいく。一方、韓国ドラマの地上波放送が増える中、音楽界にも韓流ブームの余波が押し寄せ、KARAや少女時代などの韓国女性グループが日本上陸し、K‐POPブームが到来した!

「KARAFULL」
出演:KARA

日本のK-POPブームを牽引した韓国の5人組女性アイドルグループKARAのバラエティ番組やLIVE映像などの貴重な映像を収録。この他にも日本でのK-POPブームと前後して、ディスカバリーチャンネルとNHKが共同制作したRain(ピ)のドキュメンタリー「HIP KOREA DOCUMENTARY:RAIN -完全版-」、SS501のオフショト集「SS501 in USA -完全版-」、超新星の「FANTASTIC CHOSHINSEI」、K-POPアーティスト出演の人気バラエティ「私たち結婚しましたシリーズ」などK-POP関連作品を多数リリースした。

DVD発売:2010年
DVD廃盤

「URAKARA」
演出:仁木啓介、石井永二
脚本:村上大樹、金沢知樹
出演:KARA、マイク・ハン、濱田マリ、きたろう、温水洋一

テレビ東京系列の深夜ドラマ枠"ドラマ24"で2011年に放送された、韓国の5人組女性アイドルグループKARA主演の連続ドラマ。日韓で人気沸騰中だったKARAの5人が、実は男性を夢中にさせる"惚れさせ屋"としても活動していたという設定で展開するラブコメディ。制作中にKARAの解散騒動が巻き起こったことでも話題になったが、ドラマを通してメンバーとファンとの絆を確認できる意義深い作品となった。

DVD発売:2011年
Blu-ray vol.1~4 発売中 各\3,000+税
発売元:URAKARA製作委員会 販売元:エスピーオー

編集:シネマート編集部 / 制作協力:キネマ旬報社

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  2. 2ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  3. 3【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ディン・チュアン(丁川)
  4. 4【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  5. 5【中国時代劇トリビア】第3回:ファンタジー<前編>
  6. 6【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  7. 7【中国時代劇トリビア】第3回:ファンタジー<後編>
  8. 8【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ(趙又廷)
  9. 9【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<1>「演技で勝負しようと思...
  10. 10「花と将軍」放送開始!マー・スーチュン、ション・イールンが夫婦に
  1. 1【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  2. 2ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  3. 3【毎日ちょい見せ☆まとめ】12/28までの期間限定!「台北ラブ・ストーリー〜美しき過...
  4. 4【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<1>「演技で勝負しようと思...
  5. 5【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  6. 6【のむコレ2018特集】宣伝担当&『ゴッズ・オウン・カントリー』上映委員会 村井さん...
  7. 7【インタビュー】「花と将軍」ション・イールン「単純に柔らかく美しいところを表現するだ...
  8. 8【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  9. 9【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ(趙又廷)
  10. 10【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ディン・チュアン(丁川)
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事