こんにちは。エスピーオー宣伝スタッフYです。
今回はシネマート新宿にて好評公開中の『哭声/コクソン』レビューです。

この作品は韓国での公開時だけでなく、世界の映画祭でも賞賛を浴び続けてきましたが、物語のキーパーソンとなる役柄で日本人俳優、國村隼が出演していることでも話題になりました。予告編を観ただけでも、強烈な印象を与えている彼の演技に期待させられました。監督は『チェイサー』のナ・ホンジン監督ですが、韓国映画が好きな方の中に、この作品がお好きな方も多いかと思います。私もそんな一人です。『チェイサー』を思い出すと、背筋がゾクッとするようなハ・ジョンウの表情も一緒に思い出します。そんなナ・ホンジン監督が新たに作り上げたこの作品は、また思い出す度、強烈な余韻を残す一作でした。

何作かレビューを書いてきましたが、書くまでに一番時間がかかった作品です。もちろんいつものことながら、ネタバレには注意しつつ、できる限り私の受けた強烈な印象がうまく伝えられるようにレビューを書かせていただきます。

コクソンという田舎の村で起きる異常な連続殺人事件。主人公となる警察官ジョングが現場にかけつけるところから映画ははじまります。ジョングと同様に観ている私もその怪奇な事件の様相に徐々に引き込まれていくなかで、少しずつ姿を現す國村隼演じる"よそ者"の日本人の男がとても怖く、怪しく見えてきます。いつ、何のためにここにやってきたのか?ここで何をしているのか?山の中で暮らす"よそ者"について、様々な憶測や噂話が飛び交います。そんな中で自分の娘もこの異常な事件の中心人物となりつつあることに気づくジョング。娘を助けるため、ついにその"よそ者"と対峙していくことになります...。

ジョングは一人の田舎の警察官としてではなく、娘を持つ一人の父親としてだんだんとその"よそ者"を追っていくようになります。そしてジョングを演じたクァク・ドウォンの演技もとても自然で、感情移入しやすい私としては、この作品では一番平凡でごく普通の人であるジョングの目線で彼の感情で観すすめていくようになりました。もちろん、彼の鬼気迫る迫真の演技にも引き込まれていきましたが...。

そんなジョングの、なんとか娘を助けたい!という気持ちから、数々の事件は"悪霊"が原因と思い、祈祷師を呼んでお祓いをしてもらうことにもなるのですが、その祈祷師がまた強烈な印象を残す人物でした。祈祷師を演じたファン・ジョンミンは、一見するととても悪霊などを祓えたりすることのできない詐欺師のようにも見え、また怪しい人物が一人増えてしまったかのように思えました。そこまで登場シーンが多くないはずなのに、しっかりと印象を残すあたり、さすがファン・ジョンミンですね。彼の信じていいのか、悪いのかと疑いたくなる感じが、また絶妙な謎の渦に引き込んでいきます。

そして最後に怪しい人物がもう一人登場します。その美しい歌声を披露した『愛を歌う花』とは180度違う役柄を演じたチョン・ウヒです。事件の目撃者としてジョングの前に現れますが、その印象もまた強烈でした。彼女もまた何かを知っている一人として怪しい存在となっていきます。

ここまで登場人物のほとんどを強烈な印象だったと言ってきましたが、最後まで観て、結局私が一番強烈に印象に残ったのは予告編同様、國村隼演じる"よそ者"でした。もちろん、そんな強烈な印象をたくさん残す作品を作り上げたナ・ホンジン監督も素晴らしかったのですが、國村隼の残した印象は凄まじいものでした。数々の賞を受賞するほどの彼の演技が、表情が、声が、観終わってからずっとどこかに残っているようです。

噂や憶測から生まれるもの、本当の真実は何なのか?何が起こっていたのか?そんなことを感じながらジョング目線で最後まで観ていましたが、気づくと、最後の最後はジョングの目線で観てきたことも果たして真実だったのか?と疑うようにさえなっていました。この結末については、まだ自分の中でもちゃんと整理がつけていないままです。いつか誰かと話してみたいです。「あの結末って――だよね」と...。

もし、韓国映画やサスペンスやミステリーがお好きなら今年観ておくべき一作であることは間違いないです。また、誰かと一緒に観ることをオススメします。観終わったあと、きっとこの作品について誰かと話したくなるはずです...。

『哭声/コクソン』はシネマート新宿・シネマート心斎橋ほか全国にて本日公開。


P.S.
シネマート新宿・シネマート心斎橋それぞれ『哭声/コクソン』関連イベントが開催!

シネマート新宿では3月18日(土) に公開記念 ナ・ホンジン監督オールナイト上映!

ナ・ホンジン監督作品を『哭声/コクソン』も含め、一挙上映!『チェイサー』は今では貴重な35mm上映!!
更にナ・ホンジン監督を愛する映画の達人3名によるトークショーも開催!!!
トークショーゲスト:松江哲明監督、岡本敦史さん(映画秘宝編集部)、山崎圭司さん(映画ライター)
詳しくはこちら

シネマート心斎橋では『哭声 コクソン』公開記念トークイベント!

3月11日(土)より公開となる『哭声 コクソン』の公開を記念し、下記日程にて、もっ韓学院プレゼンツのトークイベントが決定しました!上映後に韓国の文化や宗教が御専門の帝塚山学院大学古田教授をお招きし、『哭声 コクソン』について熱く語って頂きます!是非ご参加下さい!詳しくはこちら

『哭声/コクソン』
出演:クァク・ドウォン/ファン・ジョンミン/國村隼/チョン・ウヒ
監督:ナ・ホンジン 撮影:ホン・ギョンピョ 編集:キム・サンミン
3月11日(土)シネマート新宿ほかにて公開
©2016 TWENTIETH CENTURY FOX FILM CORPORATION

Text:エスピーオー宣伝スタッフY
韓国映画・韓国ドラマを好きになってから15年以上。
時代劇からラブコメディまでジャンル問わず全般的に観ている。

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【私の履歴書・延 智美(ヨン・ジミ)】第7回 20年ぶりの日本、そしてK-POP
  2. 2ニッキー・ウー(呉奇隆)&リウ・シーシー(劉詩詩)結婚式・本番篇
  3. 3【私の履歴書・延 智美(ヨン・ジミ)】最終回 これからの韓流に期待すること
  4. 4【速報】台湾で「イタズラなKiss(惡作劇之吻)」が2度目のドラマ化決定! 本日クラ...
  5. 5【私の履歴書・延 智美(ヨン・ジミ)】第3回 将来を模索した時期 通訳大学院時代
  6. 6【私の履歴書・延 智美(ヨン・ジミ)】第4回 新たな出会い
  7. 7【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  8. 8【私の履歴書・延 智美(ヨン・ジミ)】第5回 ついに念願の道へ
  9. 9【私の履歴書・延 智美(ヨン・ジミ)】第6回 映画を通じた日韓交流
  10. 10【私の履歴書・延 智美(ヨン・ジミ)】第2回 高校卒業後、ソウルへ
  1. 1≪名作ドラマ♡相性診断≫あなたにぴったりの1本みつけます!
  2. 2ニッキー・ウー(呉奇隆)&リウ・シーシー(劉詩詩)結婚式・本番篇
  3. 3【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  4. 4【速報】台湾で「イタズラなKiss(惡作劇之吻)」が2度目のドラマ化決定! 本日クラ...
  5. 5【中国エンタメ】リウ・シーシー×ウォレス・フォ主演の超大作「女医明妃伝(原題)」日本...
  6. 6【DVD】「きみはペット」<完全版>セル&レンタルBD・DVDリリース決定!
  7. 7中国ドラマあるある問題 第三弾 ~あなたが知らない繋がり~
  8. 8【中国エンタメ】チャオ・リーイン(趙麗穎)&チャン・ハン(張翰)新作映画『女漢子真愛...
  9. 9【中国エンタメ】フー・ゴー(胡歌)日本で特別貢献賞受賞! 「風中の縁」コメント動画あ...
  10. 10【速報】リウ・シーシー(劉詩詩)&ニッキー・ウー(呉奇隆) ウェディング写真公開!

最近の記事

  • banner_simple5000
  • banner_cinemartshop