中国ドラマ「萌妃の寵愛絵巻」(もえひのちょうあいえまき)が、DATVにて6月に日本初放送されることが決定した。

「萌妃の寵愛絵巻」は、おてんばな妃とイケメン皇帝が繰り広げる宮廷を舞台にしたキュートなラブコメディ。

ジローが甘いマスクで女性たちを虜にする魅力満載の皇帝を好演!周りにいる女性なら誰もがすぐに恋に落ちてしまいそうな完璧なイケメンなのだが、何故か全く興味を示さない妃の歩萌(ジン・チェン)が気になり、だんだんと惹かれるようになっていく・・・。

歩萌が何故、イケメン皇帝になびかないのか。それは、皇帝の寵愛を受けた妃は、他の妃からの嫉妬により毒殺されたり、溺死したりと不運な人生を送っていると知ったからである。

『それなら私は、皇帝から愛されないことを選びます!』と、なるべく皇帝と関わらないように、皇帝を避けて後宮で暮らす歩萌の姿は、女性から見ても可愛く、子供のような純粋さと清楚な美しさを併せ持っていて、思わずにっこりしてしまう。

そして、いわゆる"時代劇"とは違い、ドロドロした人間関係は一切なく、難しい政治の話も出てこない本作。少女漫画のようなテンポのいい展開と笑いと胸キュンのアンサンブルをお見逃しなく!

© LEYOUNG MEDIA (BEIJING) CO. LTD

==========

【韓流・華流イケメン見るなら DATV概要】

放送日時
6/24(月)スタート 毎週月 午後11:15~深夜1:15 ※2話連続
<再放送>毎週(火) 午後3:00~5:00ほか

全36話

出演者
ジロー(汪東城)
ジン・チェン(金晨)
シア・イーヤオ(夏一瑤)
ハン・ジウヌオ(韓玖諾)
ミーナ(米娜)ほか


見どころ
◆ジロー(汪東城)がハマり役!完璧なイケメン皇帝を好演
◆ヒロイン歩萌を取り巻く個性豊かな妃たちのそれぞれのストーリーにも注目!
◆いわゆる"時代劇"ではなく、少女漫画のような展開と胸キュンポイントが満載

あらすじ
歩萌(ほもえ/ジン・チェン)は皇帝・温楼(おんろう/ジロー)の妃になり後宮に入ることになるが、古来より後宮と言えば妃たちの寵愛争いが絶えず、寵愛を受けた妃は嫉妬に駆られた他の妃から池に落とされたり、毒を盛られて早死にしてしまうなど、悲運な人生を辿ったと知る。

歩萌は後宮で長く生きるためには、寵愛を避けるのが一番だと皇帝から愛されないように奮闘するが、なぜだか後宮では次々と温楼と関わる騒動が巻き起こる。

最初は、温楼を遠ざけていた歩萌だが様々な騒動の中で温楼の優しさに触れ、2人の距離は徐々に近づいていく。

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1「ここに来て抱きしめて」あらすじ&キャラクター紹介
  2. 2【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  3. 3<ネタバレ注意>「王女未央-BIOU-」あらすじ #41~54
  4. 4【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<1>「演技で勝負しようと思...
  5. 5【中国時代劇トリビア】第8回 強く美しき独孤三姉妹。史実ではどうだった?
  6. 6【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー <杨幂>
  7. 7「明蘭」「花不棄」衛星劇場にて話題の中国ドラマ2作品を9月に日本初放送!
  8. 8【アジア俳優名鑑】シュー・ジェンシー <徐正曦>
  9. 9【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ <趙又廷>
  10. 10「皇帝と私の秘密~櫃中美人~」あらすじ&キャラクター紹介
  1. 1「ここに来て抱きしめて」あらすじ&キャラクター紹介
  2. 2<ネタバレ注意>「王女未央-BIOU-」あらすじ #41~54
  3. 3【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  4. 4【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー <杨幂>
  5. 5【アジア俳優名鑑】シュー・ジェンシー <徐正曦>
  6. 6【中国時代劇トリビア】第8回 強く美しき独孤三姉妹。史実ではどうだった?
  7. 7【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<1>「演技で勝負しようと思...
  8. 8「明蘭」「花不棄」衛星劇場にて話題の中国ドラマ2作品を9月に日本初放送!
  9. 9<ネタバレ注意>「王女未央-BIOU-」あらすじ #1~10
  10. 10【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ <趙又廷>
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事