3月2日(木)に「恋のスケッチ~応答せよ1988~」のDVD-BOXが発売!この発売にあわせ、今までの「応答せよ」シリーズも見てみよう!ということで...今回は、前作「応答せよ1994」より主演のチョンウさんのインタビューを掲載!

チョンウさんが演じたのは、「スレギ」(韓国語で"ゴミ"の意!)という酷いニックネームながらも、成績優秀な天才医学生。男前ではないのに、なぜだか彼がたまらなく好きになってくる、そんな不思議な魅力を持ったキャラクターでした。
チョンウさんご自身も、演技に対する熱い姿勢の中に、飾らないお茶目さが見え隠れする、たまらなく魅力的な男性。このインタビューで、そんなチョンウさんの素顔をぜひ感じてもらえると嬉しいです。全3回でお届けします。

「応答せよ1994」公式サイト

#1「楽しめばいい!」:2017.2.27掲載
#2「チョンウのメロ演技」:2017.2.28掲載  <後半に一部ネタバレがあります>
#3「どんでん返しを与えてくれた」:2017.3.1掲載

**********


― スレギは嬉しい時、よく独特のステップを踏んでいました。それがとても可愛らしく、カッコつけ過ぎないスレギのカッコよさを表現していると感じました。あれは監督からの指示だったのでしょうか?

どんなステップだったか思い出せないほど、そのステップが体の一部になっていたと思います。
すごくいろいろやった気がします。あぐらを逆にしてトントン跳ねるステップから始まって......(笑)

このドラマを撮影している間、自分が少しおかしくなっていた気がします。
スレギにすごく没頭しすぎていたと言うより、ただ全てを出していたんだと思います。ただ現場であれこれやりながら、楽しく遊んでいたような感じがします。

でも、それでOKが出ていたので『やりすぎたかな?いや、大丈夫』と思っていました。それをご覧になって、視聴者の方々も好んでくれました。意図や設定ではなく、ただ楽しんでいただけだったんですが、結果的に良いシーンになった気がします。



― 新村下宿の7人は、役柄的には同年代の役どころでしたが、実際はチョンウさんが34歳、最年長のキム・ソンギュンさんが1つ上の35歳、最年少のTiny-Gのドヒさんがなんと14歳下の21歳と、非常に年齢がばらばらですね。そんな共演者の皆さんの印象を教えて下さい。また撮影現場での雰囲気はどのような感じでしたか?

私とキム・ソンギュンさんは同じ学年です。
私が早生まれの1981年生まれだったので学校に早く入学したんですね。ソンギュンさんはとても温かい人だと思います。

ソン・ホジュンさんはキツネ?コウモリ?(笑) 
憎たらしいけど憎みきれない動物ってなんでしょう?キツネではないような......。可愛らしい憎たらしさと言いますか?幼稚な弟のようです。

バロは、本当の弟にしたいような人です。ドヒは、いとこだったら良いなと思います。

ユ・ヨンソクさんは犬!(笑)
とても物静かなようですが、とても情熱とやる気がある人です。いや、犬じゃない...オオカミ?違うなぁ...アナグマ?(笑) ハイエナほどじゃなくて......やっぱり犬です、犬!(笑)コッカー・スパニエル!(笑)

Araさんも情熱にあふれる人ですが、ヨンソクさんが持つ情熱とはまた違った情熱です。
Araさんは、努力したくて仕方がない方だと思います。


コッカー・スパニエル



― 撮影が終わりずいぶん経ちますが、共演された俳優の方々と今でも交流がありますか?

実は撮影時、共演者の皆さんとは連絡を取ろうとはしませんでした。この先に連絡が途絶えたら『変わってしまった』と言われたくないからです。撮影期間には、現場でよく顔を合わせましたしね。
でも今は、私たちのカカオトーク(※)のルームがあります。そこで、お互いの近況を知らせ合ったりしています。

※カカオトーク
コミュニケーションアプリ。日本におけるLINEのように使用されており、韓国では非常にメジャーなアプリの一つ。


― スレギと、ナジョンの父ドンイルとのやり取りに、毎回笑わされ、時に泣かされました。とても良いコンビだったと思います。
ドンイルを演じた、ソン・ドンイルさんとの共演はいかがでしたか?

ソン・ドンイル先輩との演技は、すごくすごく良かったです。愉快で、現場を引っ張ってくれました。
面白いシーンではいたずらをしながら雰囲気を楽しくしてくれて、感情シーンでは集中できるように助けてくれて。周りが散漫し始めた時には強い言葉で引き締めてくれました。とても感謝しています。

肩をじっくり掴んでくれる監督と、方式が違うだけで通じる部分だと思います。
先輩が強く言うのは、私が感情をきちんと掴むことが大事だったからです。演技をする私のために、気を使えとアピールしてくださったんです。そんな真心が伝わって来ました。

ソン・ドンイル先輩は、表現を柔らかくする方ではありません。でも、演技者に一番大事なのはカメラの前に立った時じゃないですか。

カメラの前に立った時に真心を持って後輩に接し、先輩に接し、そういう心を私も持とうと努力しています。仲間愛がなければならないと思いますが、ソン・ドンイル先輩はそんな部分で最高だと思います。

― 最後に俳優チョンウさんにとって「応答せよ1994」はどんな作品ですか。

私の人生において、ターニングポイントになった作品だと言えると思います。
ドラマ上でキャラクターにどんでん返しがあったように、私の俳優人生においてもどんでん返しを与えてくれた作品だと認めざると得ません。



― 最後に日本のファンにメッセージをお願いいたします。

まずは第4話までは必ず見てほしいです(笑)。その後は自然と見たくなるでしょう。(笑)
あと、リラックスしてご覧になったら、この作品の魅力をわかってくださると思います。

本当は方言のニュアンスをわかればもっと面白さが増幅するんですが......海外でご覧いただく方にはそのニュアンスが伝わりにくいのが少し残念です。もちろん、方言の部分を除いても、十分に楽しんでいただけると思います。

この作品は、韓国的な時代像がたくさん反映されたドラマだと思います。そして、当時人気だった曲がドラマに多く登場します。
時代的にも昔の曲がたくさん登場するので、日本の視聴者の方々は少し新鮮だと思いますが、むしろ楽しんでいただける要素になると思います。
日本の方々にはすべてが新鮮に見えると思いますが、やはり"共感"と"哀愁"という単語がこのドラマでは欠かせないと思います。
それが長所のドラマなので、そういう部分の日本の視聴者の方々がどう受け止めるか私も気になります。


<終わります>


**********

●「応答せよ1994」予告編



●「応答せよ1994」DVD情報

DVD-BOX1&2 好評発売中 各¥12,800+税
発売:応答せよ1994製作委員会/セル販売元:エスピーオー

© CJ E&M CORPORATION, all rights reserved.

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【私の履歴書・延 智美(ヨン・ジミ)】第7回 20年ぶりの日本、そしてK-POP
  2. 2ニッキー・ウー(呉奇隆)&リウ・シーシー(劉詩詩)結婚式・本番篇
  3. 3【私の履歴書・延 智美(ヨン・ジミ)】最終回 これからの韓流に期待すること
  4. 4【速報】台湾で「イタズラなKiss(惡作劇之吻)」が2度目のドラマ化決定! 本日クラ...
  5. 5【私の履歴書・延 智美(ヨン・ジミ)】第3回 将来を模索した時期 通訳大学院時代
  6. 6【私の履歴書・延 智美(ヨン・ジミ)】第4回 新たな出会い
  7. 7【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  8. 8【私の履歴書・延 智美(ヨン・ジミ)】第5回 ついに念願の道へ
  9. 9【私の履歴書・延 智美(ヨン・ジミ)】第6回 映画を通じた日韓交流
  10. 10【私の履歴書・延 智美(ヨン・ジミ)】第2回 高校卒業後、ソウルへ
  1. 1≪名作ドラマ♡相性診断≫あなたにぴったりの1本みつけます!
  2. 2ニッキー・ウー(呉奇隆)&リウ・シーシー(劉詩詩)結婚式・本番篇
  3. 3【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  4. 4【速報】台湾で「イタズラなKiss(惡作劇之吻)」が2度目のドラマ化決定! 本日クラ...
  5. 5【中国エンタメ】リウ・シーシー×ウォレス・フォ主演の超大作「女医明妃伝(原題)」日本...
  6. 6【DVD】「きみはペット」<完全版>セル&レンタルBD・DVDリリース決定!
  7. 7中国ドラマあるある問題 第三弾 ~あなたが知らない繋がり~
  8. 8【中国エンタメ】チャオ・リーイン(趙麗穎)&チャン・ハン(張翰)新作映画『女漢子真愛...
  9. 9【中国エンタメ】フー・ゴー(胡歌)日本で特別貢献賞受賞! 「風中の縁」コメント動画あ...
  10. 10【速報】リウ・シーシー(劉詩詩)&ニッキー・ウー(呉奇隆) ウェディング写真公開!

最近の記事

  • banner_simple5000
  • banner_cinemartshop