俳優キム・ジェジュンの集大成!秘密を抱えた二人が惹かれ合う究極のラブストーリー「スパイ~愛を守るもの~」がAbemaTVで2月20日より配信開始!

家族にさえ職業を隠して生きる国家情報院のスパイ。その孤独を癒してくれた唯一の人は、愛してはいけない人だった─。恋人たちの切なくスリリングな愛を描き、"ウェルメイドドラマの傑作"と評価された話題作、それが「スパイ~愛を守るもの~」だ。
主人公ソヌには、前作「トライアングル」で役者としての幅を広げたキム・ジェジュン(JYJ)。卓越した洞察力を持つ天性のスパイとしての姿はもちろん、愛する人たちの秘密を知り究極の選択を迫られていく葛藤を"眼差し力"で魅せ、入隊前ラストの最高作を生み出した。彼が唯一心を許した恋人ユンジンを、「夜警日誌」の新鋭女優コ・ソンヒが好演。2人の切ない恋の行方は本作最大の見どころ。その他、若手の注目株からベテランまで層のあつい俳優たちが揃い、互いに騙し合いの心理戦を繰り広げていく様は見応え十分!


「スパイ~愛を守るもの~」
第1話配信:2月20日(月)21:00 〜 21:50

※各回の配信日時はAbemaTV公式サイトを御確認ください。
⇒AbemaTV公式サイト 

★「スパイ~愛を守るもの~」作品公式サイト


<あらすじ>
平凡な公務員のソヌ(キム・ジェジュン)は、両親の愛情に包まれて暮らす心優しい息子だ。だが実は、彼は家族も知らない国家情報院のエリート諜報員という顔を持っていた。ある日、ソヌは中国・瀋陽での作戦を遂行中、北の工作員の妨害で事故に遭い、同僚を失う。作戦を失敗したソヌを待っていたのは、彼の能力に目をつけた分析班のチーフ、ジュンヒョク(ソキム・ミンジェ)による引き抜きだった。
そんな中、ソヌは恋人のユンジン(コ・ソンヒ)を家族に紹介するが、母のへリム(ペ・ジョンオク)は彼女に不自然なものを感じ、落ち着かない。さらに、ヘリムの前には、死んだと思っていたかつての上官ギチョル(ユ・オソン)が現れる。実は、ヘリムは元・北朝鮮工作員だったのだ。一方、分析班に異動となったソヌは、北朝鮮の対南工作組織の不穏な動きを知り、その裏に同僚を死に追いやった男、ギチョルがいることを掴む。なんとしてもギチョルを捕まえようと捜査に没頭するソヌ。そして、ユンジンは危険な仕事に関わるソヌを案じながらも、彼に言えない秘密で苦しんでいた...。

Licensed by KBS Media Ltd. ©2015 KBS. All rights reserved

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1中国イケメン図鑑-「天涯四美」:ウォレス・チョン(鐘漢良)
  2. 2【全話ふりかえり vol.3】「孤高の花~General&I~」
  3. 3ティファニー・タン、ルオ・ジン新作「歸去來」5月14日から放送スタート!
  4. 4「王女未央」でティファニー・タンが優秀女優賞受賞!ルオ・ジン「プレゼントを用意してあ...
  5. 5「輝くか、狂うか」をさらに楽しむ、歴史プチ知識#1:「狂った皇帝?光輝く皇帝?」
  6. 6中国ドラマあるある問題 第三弾 ~あなたが知らない繋がり~
  7. 7【動画】「孤高の花~General&I~」ウォレス・チョン&アンジェラベイビー イン...
  8. 8ニッキー・ウー(呉奇隆)&リウ・シーシー(劉詩詩)結婚式・本番篇
  9. 9日本版「シグナル」主題歌が、BTS (防弾少年団)の「Don't Leave Me」...
  10. 10日本版「シグナル」キャストに北村一輝&吉瀬美智子&渡部篤郎が決定!
  1. 1「王女未央」でティファニー・タンが優秀女優賞受賞!ルオ・ジン「プレゼントを用意してあ...
  2. 2中国イケメン図鑑-「天涯四美」:ウォレス・チョン(鐘漢良)
  3. 3【全話ふりかえり vol.3】「孤高の花~General&I~」
  4. 4ティファニー・タン、ルオ・ジン新作「歸去來」5月14日から放送スタート!
  5. 5日本版「シグナル」キャストに北村一輝&吉瀬美智子&渡部篤郎が決定!
  6. 6日本版「シグナル」主題歌が、BTS (防弾少年団)の「Don't Leave Me」...
  7. 7ニッキー・ウー(呉奇隆)&リウ・シーシー(劉詩詩)結婚式・本番篇
  8. 8【動画】「孤高の花~General&I~」ウォレス・チョン&アンジェラベイビー イン...
  9. 9中国ドラマあるある問題 第三弾 ~あなたが知らない繋がり~
  10. 10「輝くか、狂うか」をさらに楽しむ、歴史プチ知識#1:「狂った皇帝?光輝く皇帝?」
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事