きっと、またあえる

4月24日(金)より公開

  • 一覧へ戻る

作品の内容

世界興収インド映画No.1の監督、最新作!
受験生の息子が病院に担ぎ込まれた!そこに集まった、今は親世代になったかつての仲間たち7人。年を重ねて、太ったり容姿もだいぶ変わったけれど、学生時代に泣いて笑ってバカをやったあの日の友情は変わらない。親友アニの受験に失敗した息子を励ますため、悪友たちは「負け犬時代」の奮闘を病室で語り出す---。90年代、インドでもトップクラスのボンベイ工科大学に入学したアニ。しかし振り分けられたのはボロボロの4号寮。気のいい先輩や愉快な仲間はいるが、そこは寮対抗の競技会で万年最下位で、他の寮から“負け犬”と呼ばれていた。しかし今年はなんとしても汚名を返上する!そのためには、バスケ、サッカー、重量上げ、カバディ、チェス、ボードゲームと多種の試合に勝てる選手を用意する必要があった。4号寮は実力はないが、知恵とやる気とチーム力であらゆる手段を使い勝ち抜いていく。だが敵も黙ってはいない。果たして、勝利を手にすることはできるのか、そして彼らが最後に得たものは?!

『バーフバリ』を越え、インド映画で世界興収No.1となる340億円を稼ぎ出し、メガヒットを記録した前作『ダンガル きっと、つよくなる』のティワーリー監督による最新作。本作『きっと、またあえる』は、2019年9月6日にインドで公開されると、国内興収27億5000万円以上を稼ぎ出し大ヒット。出演は、『PK』のスシャント・シン・ラージプート、ヒロインは『サーホー』のシュラッダー・カプール。今最も輝いている2人が恋人役で、本作で初共演した。

キャスト・スタッフ

監督:
ニテーシュ・ティワーリー
出演:
スシャント・シン・ラージプート/シュラッダー・カプール/ヴァルン・シャルマ/プラティーク・バッバル /ターヒル・ラージ・バシン/ナヴィーン・ポリシェッティ/トゥシャール・パーンデー/サハルシュ・クマール・シュクラ/ムハンマド・サマド
配給:ファインフィルムズ(2019年/インド/ヒンディー語、英語/143分)

関連サイト

タイムスケジュール

{date} {time1}
{time7}
{time2}
{time8}
{time3}
{time9}
{time4}
{time10}
{time5}
{time11}
{time6}
{time12}
SCREEN {screen}

{note} 
{note2link}

※上映スクリーンなどは状況により変更になる場合がございます。詳細は劇場までお問い合せください。



  • 一覧へ戻る