エクストリーム・ジョブ

2020年1月3日(金)より公開

  • 一覧へ戻る

作品の内容

リュ・スンリョン、イ・ハニ他最強キャスト集結!
今までこんな映画はなかった⁈これは刑事物なのか?はたまた?


昼夜問わず走り回るが、実績はどん底、挙げ句の果てに解散の危機を迎える麻薬班。これ以上引き下がることのできないチームの年長者であるコ班長は、国際犯罪組織の国内麻薬密搬入情報を入手し、チャン刑事、マ刑事、ヨンホ、ジェフンの4人のチーム員たちとともに潜伏捜査に出る。麻薬班は24時間監視のため、犯罪組織のアジト前にあるチキン屋を買い取り、偽装創業をおこなうことに。まさかの絶対味覚を持つマ刑事の隠れた才能でチキン屋は一躍名店としての噂が広まる。捜査は後回し、チキン商売で目まぐるしいほどに忙しくなった麻薬班に、ある日絶好の 機会が訪れるのだが…。犯人を捕まえるのか、鶏を捕まえるのか!

映画『二十歳』で味わい深い“セリフの味つけ”が際立つコメディー映画で一躍スターダムにのし上がったイ・ビョンホン監督と、『7番房の奇跡』などで笑いを届けたベテラン俳優リュ・スンリョンがタッグを組んだことで韓国公開前から話題を集めた本作。解散の危機に直面した麻薬捜査チームが、麻薬組織検挙のためフライドチキン店を始めたものの、その店が美味しいと口コミが広がり巻き起こるストーリーを描き、本国では公開からわずか半月で1000万人を突破、その後1500万人まで記録を伸ばし遂には歴代興収ランキング堂々の第1位というスマッシュヒットを達成!イ・ビョンホン監督の「まともに笑える映画を作りたかった」という狙い通り、重いメッセージやごり押しの感動ではなく、笑いの誘いに終始徹底しており、韓国の国民食ともいえる「フライドチキン」を映画の前面に登場させたのも興味深い。麻薬捜査という題材自体に目新しさはないものの、最初から最後までユーモアが矢継ぎ早に施され、退屈する暇がない極上のアクション・エンターテイメントがここに誕生した。

キャスト・スタッフ

監督:
イ・ビョンホン
出演:
リュ・スンリョン/イ・ハニ/チン・ソンギュ/イ・ドンフィ/コンミョン<5urprise>
配給:クロックワークス(2019年/韓国/111分)

関連サイト

タイムスケジュール

{date} {time1}
{time7}
{time2}
{time8}
{time3}
{time9}
{time4}
{time10}
{time5}
{time11}
{time6}
{time12}
SCREEN {screen}

{note} 
{note2link}

※上映スクリーンなどは状況により変更になる場合がございます。詳細は劇場までお問い合せください。



  • 一覧へ戻る