貞子

7月7日(日)までの上映

  • 一覧へ戻る

作品の内容

見たら呪われた「リング」から、
撮ったら呪われる「貞子」へ—

Jホラーブームの火付け役となった世界的ヒット作「リング」シリーズに登場するホラーアイコン・貞子が巻き起こす恐怖を、シリーズ第1作などを手がけた中田秀夫監督のメガホンで描いた。鈴木光司の小説「タイド」を原作に、SNS時代に現れた「撮ったら死ぬ」貞子の呪いを描き出す。心理カウンセラーの茉優は、警察に保護された1人の少女を担当することに。全ての記憶を失い自分の名前すら言えない少女と向き合う茉優だったが、次第に彼女の周囲で不可解な出来事が起こり始める。一方、WEBマーケティング会社に勤める祐介の薦めでYouTuberとなった茉優の弟・和真は再生回数を稼ぐため、5人の死者を出した団地の火事跡に忍び込んで心霊動画を撮ろうとするが……。池田エライザが茉優役で主演を務め、塚本高史、清水尋也が共演。

キャスト・スタッフ

監督:
中田秀夫
原作:
鈴木光司
出演:
池田エライザ/塚本高史/清水尋也/姫嶋ひめか/桐山漣/ともさかりえ/佐藤仁美
配給:KADOKAWA(2019年/日本/99分)

関連サイト

タイムスケジュール

{date} {time1}
{time7}
{time2}
{time8}
{time3}
{time9}
{time4}
{time10}
{time5}
{time11}
{time6}
{time12}
SCREEN {screen}

{note} 
{note2link}

※上映スクリーンなどは状況により変更になる場合がございます。詳細は劇場までお問い合せください。



  • 一覧へ戻る