ヴィクトリア女王 最期の秘密

3月15日(金)までの上映‼

  • 一覧へ戻る

作品の内容

大女優ジュディ・デンチ×英国最高峰のスタッフ集結!
心をひらいた。人生が愛おしくなった―。


1887年、インドが英領となって29年目。アグラに住む若者アブドゥル・カリムは、ヴィクトリア女王の即位50周年記念式典で記念金貨“モハール”を献上する役目に任命され、もう一人の献上役モハメドと共に英国へ渡ることになる。18歳で即位してから、長年女王の座に君臨してきたヴィクトリア。細かく決められる1日のスケジュール、思惑が飛び交う宮廷生活…心休まらない日々を送っていた。そんな中、金貨を献上しに現れたアヴドゥルに心を奪われる。物怖じせず、本音で語りかけてくる真っ直ぐな彼を気に入ったヴィクトリアは、祝典期間中、従僕にすることにした。インド皇帝でもありながら、現地に行ったことがない女王は、アブドゥルから教えてもらう言葉や文化に魅了されていく。次第に、身分も年齢も超えて強い絆が芽生えていくが、周囲はふたりの関係に猛反対。やがて事態は英国王室を揺るがす大騒動へと発展していく。

女王を演じるのは、名優ジュディ・デンチ。ヴィクトリア役は『Queen Victoria 至上の恋』に続き、20年ぶり2度目。63年にわたり君臨した女王の威厳や繊細さを、魅力的に熱演する。アブドゥル役に抜擢されたのは『きっと、うまくいく』で印象深い演技をみせたインドの若手実力派アリ・ファザル。メガホンを取ったのは『クィーン』のスティーヴン・フリアーズ監督。デンチとは『あなたを抱きしめる日まで』以来のタッグとなる。さらに脚本を『リトル・ダンサー』のリー・ホール、撮影を『英国王のスピーチ』のダニー・コーエンが務めるなど、英国最高峰のスタッフが集結した。また、実際に女王が愛した離宮「オズボーン・ハウス」で映画として初めて撮影を敢行。加えて、史実をもとに細部までこだわられた華やかな衣装、数百人ものエキストラが登場する壮観の王宮儀式…女王が生きた当時の生活が、息を呑むほどのスケールで映し出される。ヴィクトリアは2019年、生誕200年を迎える。

キャスト・スタッフ

監督:
スティーヴン・フリアーズ
出演:
ジュディ・デンチ/アリ・ファザル/エディ・イザード/アディール・アクタル/マイケル・ガンボン
配給:ビターズ・エンド(2017年/イギリス・アメリカ/112分)

関連サイト

タイムスケジュール

{date} {time1}
{time7}
{time2}
{time8}
{time3}
{time9}
{time4}
{time10}
{time5}
{time11}
{time6}
{time12}
SCREEN {screen}

{note} 
{note2link}

※上映スクリーンなどは状況により変更になる場合がございます。詳細は劇場までお問い合せください。



  • 一覧へ戻る