教誨師

10月6日(土)より公開

  • 一覧へ戻る

作品の内容

大杉漣主演
教誨師とは―受刑者の心の救済につとめ、彼らが改心できるよう導く人。


牧師の佐伯は、半年前に着任したばかりの教誨師。彼が面会するのは年齢、境遇、性格の異なる6人の死刑囚。独房で孤独な生活を送る彼らにとって、教誨師はよき理解者であり、格好の話し相手。真剣に思いを吐露する者もいれば、くだらない話に終始する者もいる。一方の佐伯は彼らに寄り添いながらも、自分の言葉が本当に届いているのか、死刑囚たちが心安らかに最期を迎えられるよう導くのは正しいことなのか苦悩する。その葛藤を通し彼もまた、忘れたい過去と対峙し、自らの人生と向き合うことになる……。

主演の佐伯に大杉漣。大杉にとって最後の主演作であり、また唯一のプロデュース作となった。対する死刑囚役に光石研、烏丸せつこ、古舘寛治といったベテラン俳優や映画初出演となる劇団“柿喰う客”の玉置玲央らが扮し、凄まじい演技の応酬を繰り広げる。監督、脚本は死刑に立ち会う刑務官を描いた『休暇』や『アブラクサスの祭』の脚本、『ランニング・オン・エンプティ』の監督を務めた佐向大。

キャスト・スタッフ

監督・脚本:
佐向 大
出演:
大杉 漣/玉置玲央/烏丸せつこ/五頭岳夫/小川登/古舘寛治/光石研
配給:マーメイドフィルム、コピアポア・フィルム(2018年/日本/114分)
  • btn_advance.gif

関連サイト

タイムスケジュール

{date} {time1}
{time7}
{time2}
{time8}
{time3}
{time9}
{time4}
{time10}
{time5}
{time11}
{time6}
{time12}
SCREEN {screen}

{note} 
{note2link}

※上映スクリーンなどは状況により変更になる場合がございます。詳細は劇場までお問い合せください。



前売り券情報

  • 10月6日(土)より公開
  • 【前売券】1,300円
  • 先着で"オリジナルポストカードセット"をプレゼント!!
  • 一覧へ戻る