鬼丸追悼上映
『鬼丸 生まれつきの不良 Born Delinquent 1973–2019』

  • 一覧へ戻る

鬼丸追悼上映
『鬼丸 生まれつきの不良 
 Born Delinquent 1973–2019』

[内容]映画『ポルノスター』+トーク(上映後)
[日時] 2020 年 3 月 7 日(土)18:50 の回  終了20:55頃予定
[会場] シネマート新宿 スクリーン 1
[登壇者] 豊田利晃監督、板尾創路、渋川清彦、KENTA 、and more
[入場料金] 2,000 円(税込)
[チケット販売] 劇場オンライン予約&窓口:2/14(金)18:00 より
http://www.cinemart-ticket.jp/shinjuku/schedule/index.php


昨年、10月27日に鬼丸こと鬼丸慶一郎が永眠いたしました。突然の訃報に驚きました。まだ46歳でした。
鬼丸は僕のデビュー作『ポルノスター』からの付き合いで、同志のように思っていました。ぽっかり穴が空いたような寂しさを感じました。 鬼丸は十代の頃、大宮の不良として有名人で、山本政志監督が映画の世界にスカウトしました。画面からはみでるような独特の迫力があり、ライオンみたいな奴だなと思いました。あの獰猛な本物の不良感をスクリーンに出せる奴はなかなかいないと思います。本物の不良は沢山居ますが、それを映画の画面で演じるのには特別な才能が必要です。もう、鬼丸のあの不良感を撮影できないことを残念に思います。
誕生日が同じ3月10日で、鬼丸と出逢った日も3月10日。ならばと思い、3月10日に近い土曜日、3月7日に追悼上映を致します。
当日は鬼丸の友人でもある俳優たちと舞台挨拶をします。
千原ジュニア、松田龍平からもコメントを預かっているので当日、お伝えしたいと思っています。
是非、気軽に、遊びに来て下さい!
豊田利晃(映画監督)

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


『ポルノスター』(1998年)

デートクラブを経営するチンピラと、ヤクザ狩りをする正体不明の青年との奇妙な交流を描いたストリートムービー。監督、脚本は「ビリケン」などの脚本家として知られる豊田利晃で、本作が監督デビュー作。撮影は「愚か者 傷だらけの天使」の笠松則通。主演はコメディアン千原兄弟の弟、千原浩史。

監督・脚本:豊田利晃

出演者:千原ジュニア 、 千原浩史 、 鬼丸 、 緒沢凛 、 広田レオナ 、 鈴康寛 、 杉本哲太 、 麿赤児 、 奥田智彦

1998年製作/98分/R15+/日本

配給:リトル・モア




  • 一覧へ戻る