10月の活弁は、『巨人ゴーレム』と『チビッコギャング・ドッグデイズ』

  • 一覧へ戻る

<活動弁士とは>
無声映画を上映中に、その内容を語りで表現して解説する専門の職業的解説者

【日時】 ◆10月16日(火) 19:00の回   ◆10月21日(日)16:45の回 (上映時間63+12=75分)
【場所】 シネマート新宿 スクリーン2
【料金】 ○一般2,000円(税込) ○学生1,500円(要学生証)○ TCG会員1,800円 ○障がい者1,000円  ○高校生以下1,000円
【チケット販売】 絶賛販売中!
【販売場所】 シネマート新宿6F窓口 (オンライン予約は2日前より)







『巨人ゴーレム』
1920年 ドイツ 63分
監督/パウル・ヴェゲナー、カール・ボエゼ
出演/パウル・ヴェゲナー、アルベルト・スタインリュック、エルンスト・ドイッチュ、リディア・サルモア

中世、最も奇怪と豪奢を極めた都プラーグ(プラハ)を舞台に、ユダヤ寺院で発見された粘土の巨人像が古えの呪文によって命を吹き返し、自らの意志を持ち始める。古城内のゲットーには虐げられたユダヤ人たちが幽閉されていて…。第一次大戦敗戦後のドイツで大いに支持された一作。ドイツの名優パウル・ヴェゲナーが主演、共同脚本、監督も務めている。特撮映画、ホラー映画の先駆けとしても名高い。

もう一本の短編は、




『チビッコギャング・ドッグデイズ』 Dog Dayユs
1925年 米パテー社作品 12分 
製作/ハル・ローチ 
出演/ジョウ・コップ、ジャッキー・コウドン、ファリナ
‘22年にハル・ローチが発案して作り始めた人気シリーズ。腕白ざかりのチビッコ集団が、大人の真似事をして笑いを巻き起こす。









活動弁士:佐々木亜希子

埼玉大学教養学部卒業。

NHK山形放送局でキャスターを務めた後フリーになり、2001から無声映画の展開にあわせて「語り」を聞かせる活動弁士に。的確な台本と七色の声で自然と作品に引き込んでいく語りが人気を博している。

非常に軽いタッチの作品からシリアスなもの、時代劇、アニメまで、レパートリーは160 作品以上。学校や施設での公演のほか、こども活弁教室や大人の活弁ワークショップで講師を務め、多くの教え子も生き生きと活弁に取り組んでいる。

全国各地の映画祭を始め、東京国立近代美術館フィルムセンター等、日本を代表するフィルムアーカイブにも出演。

その他、ナレーション、司会、講演、執筆等、活動は多岐に渡る。



●主な上演歴

北区文化教室『弁士教室』、活弁ワークショップ講師

「フィルムセンターこども映画館」(’05)

「広島映像文化ライブラリー公演」(’06)

「木下恵介記念はままつ映画祭」(’06)「とよはしまちなか映画祭」(’08?)

「倉敷市児島活動写真上映会」(’05)

「湘南庭園文化祭」「九州国立博物館一周年記念公演」「水島あやめ生誕100 年祭」

「小津安二郎生誕100 年特集」「阪東妻三郎生誕100 年記念映画祭」「チャップリン映画祭」 他出演多数






音楽担当:永田雅代 
ピアニスト。

クラシックの教育をうけるが、幼少のころから、JAZZやPOPSのピアニスト、キーボディストに大きく影響をうける。

91'鹿児島県より上京。即興パンクトリオ NACiTEN を結成し、新宿ピットイン、Lady jane等、実験的音楽活動開始。

98' 活動を休止し、郷里・鹿児島で豆腐屋時代を過ごす。

03'北アフリカ、ヨーロッパを旅した後、再び上京。

同年より演奏の場を大きく広げ、英珠(jazz pops)、紅龍(上々颱風)、あずみけいこ、谷本賢一郎、オルリコ、小暮はな、等々、、、多くのボーカリストたちの伴奏、アレンジ、ライブ、レコーディング、ツアーサポートに参加中。

紅龍「バルド」、奈加靖子「sign」、あずみけいこ「真夜中のdance」ではプロデュースを務める。

無声映画の伴奏にも力をいれており、東京国立近代美術館フィルムセンター、蓼科映画祭、浜松映画祭などで多くの作品に生演奏、楽曲提供している。



  • 一覧へ戻る