プラネティスト

8月28日(金)より1週間限定上映

  • 一覧へ戻る

作品の内容

INTRODUCTION
 “世界自然遺産”最後の楽園・小笠原諸島。6500万年前に誕生した原始の地球の風景が残る、世界でも類い稀な自然に囲まれた神秘と奇跡の島。この島は訪れる人すべてを目覚めさせる。
 父島で自然と共に歩み生きるレジェンドサーファー・宮川典継は、野生イルカと泳ぐ世界初のドルフィンスイムでブームを巻き起こし、絶滅危惧種となっていたアカガシラカラスバトを保護して、世界自然遺産の登録に大きな貢献をした。
 2014年、小笠原を訪れ、水平線に沈む壮大な夕陽に魅了された映画監督・豊田利晃は、宮川との出会いをきっかけに島に移住してドキュメンタリー映画の制作に着手する。宮川を中心に、俳優やミュージシャンを島に呼び、4年に渡りカメラを回した。クジラの群れをディジュルドゥーで呼び寄せるGOMA、野生のイルカと遊ぶ窪塚洋介、原初の地球の風景の中で想像力を解き放たれたアーティストたちが、歓喜と興奮に満ち溢れた奇跡と出逢う瞬間が映しだされる。誰もが小笠原で人生の本来に帰っていく。それは何故なのか。

この映画の旅を通して私たちはその魅力と力を知ることになる。
 出演は『沈黙』『GIRI / H A J I 』の窪塚洋介、『閉鎖病棟』『半世界』の渋川清彦、高次脳機能障害を持ちながらディジュリドュ奏者・画家として活躍するGOMA、元ブランキー・ジェット・シティの中村達也、孤高のギタリストのヤマジカズヒデ。窪塚洋介の息子・窪塚愛流も父親と一緒に島を訪れている。ナレーションは小泉今日子。
 企画・撮影・監督は、『泣き虫しょったんの奇跡』『狼煙が呼ぶ』の豊田利晃。『アンチェイン』(2001年)以来のドキュメンタリー映画を、2018年版より再編集し、1時間59分として完成させた。

キャスト・スタッフ

監督
豊田利晃
出演
宮川典継 GOMA 窪塚洋介 渋川清彦 中村達也 ヤマジカズヒデ
ナレーション:小泉今日子

配給・宣伝・製作:IMAGINATION 2020年/日本語/カラー/119分
©プラネティスト製作委員会

関連サイト

タイムスケジュール

{date} {time1}
{time6}
{time2}
{time7}
{time3}
{time8}
{time4}
{time9}
{time5}
{time10}
-- SCREEN {screen}

{note} {note2link}

※上映スクリーンなどは状況により変更になる場合がございます。詳細は劇場までお問い合せください。



  • 一覧へ戻る