シグナル

韓国ケーブルテレビ史上歴代視聴率第3位!

「ミセン-未生-」演出家が贈る、ヒューマンドラマの最高傑作!

DVDリリース セル・レンタル:2017年4月4日(火)より順次リリース

第52回 百相芸術大賞 TV部門 女性最優秀演技 キム・ヘス 作品賞 脚本賞 キム ・ウニ

tvN 10アワード 演技大賞 チョ・ジヌン 女優賞 キム・ヘス ディレクターズチョイス イ・ジェフン

第5回 アジア太平洋スターアワード 中編ドラマ 男性最優秀賞 チョ・ジヌン 作家賞 キム・ウニ

第1回アジアアーティストアワード ドラマ部門大賞 チョ・ジヌン

イ・ジェフン『建築学概論』『秘密の扉』

チョ・ジヌン『悪いやつら』『アントラージュ(原題)』

キム・ヘス 『10人の泥棒たち』『観相師-かんそうし-』

演出 : キム・ウォンソク「ミセン-未生-」「トキメキ☆成均館スキャンダル」 脚本 : キム・ウニ 「ファントム」「サイン」「スリーデイズ〜愛と正義〜」

SPO韓ドラTwitter
 

動画

日本版オリジナル予告編
 
韓国ドラマの歴史を塗り替えた!「ミセン−未生−」演出家が贈る、ヒューマンドラマの最高傑作!

現在の刑事と過去の刑事が1台の無線機を通じ、協力して未解決事件を追う……。これまで「応答せよ」シリーズや「ミセン-未生-」といった大ヒット作を放送し、新たなドラマ王国と称されるテレビ局tvNが満を持して送り出したヒューマンドラマの傑作。 「ファントム」のキム・ウニの超絶技巧の脚本と、「ミセン-未生-」のキム・ウォンソク監督による深い人間洞察とクォリティの高い映像、イ・ジェフン、チョ・ジヌン、キム・ヘスという実力派俳優たちの目をみはるような演技。これらすべてが揃った見事な出来映えが大きな話題となった。権威ある「第52回百想芸術大賞」をはじめ各賞を次々に受賞。 ファンタジー要素を取り入れつつも、リアルな人間描写と緻密な構成が未だかつてない感動と興奮を呼ぶ。

数々のドラマ賞受賞、視聴者からの絶賛の声 本作を見ることなくして韓国ドラマは語れない!

韓国のゴールデン・グローブ賞とも言われる“百想芸術大賞”を筆頭に2016年の各アワードで9冠を受賞した本作。未解決事件を追う刑事たちの熱い思いに心を撃ちぬかれた多くの視聴者が熱狂し、ケーブルテレビ史上歴代第3位の視聴率を獲得!放送終了後には“シグナルロス”の声が多発した。

緊迫感のある人間ドラマと緻密に構成された伏線の数々 このドラマは何度も見返したくなる!!

古びた無線機を通してつながった現在の刑事と過去の刑事。「サイン」「ファントム」の脚本家キム・ウニによる緊迫感ある物語と感動の人間ドラマに唸らされ、巧みに配された伏線の数々に何度も見ずにはいられなくなる!

『建築学概論』『悪いやつら』『10人の泥棒たち』の実力派映画俳優たちが魅せる熱演!!

現在の刑事を演じたイ・ジェフン、過去の刑事役のチョ・ジヌン、そして20代前半と40代を見事に演じ分けたキム・ヘス。いずれも実力派映画俳優の3人が出演を切望した本作で多くの人の心に残る素晴らしい演技を披露した。

“諦めなければ、未来は変えられる” 無線機でつながる現在と過去、それぞれの想いが奇跡を起こす!

ストーリー

警察のプロファイラーのパク・ヘヨンはある日、廃棄処分寸前の壊れた無線機から聞こえてくる声を耳にする。
声の主は15年前の未解決事件を追うイ・ジェハン刑事だった。
時効まであと数日となったその未解決事件の有力な手がかりを、無線を通じてジェハンから教えられたヘヨンは、かつてジェハンの後輩だったチャ・スヒョン刑事と共に事件を解決。
その後も、ヘヨンは半信半疑のままジェハンとの交信を続けるうち、彼が過去の人間だと知る。
一方、スヒョンは15年前に失踪したジェハンの行方を捜し続けていた。

キーアイテム

[無線機]

壊れてもイ・ジェハン刑事がお守り代わりに持っていた。パク・ヘヨンが手にした後、夜11時23分になると作動。

[時計]

チャ・スヒョンの古い腕時計。時計修理店を営むイ・ジェハンの父に直してもらって使い続けているのには理由が。

[オムライス]

パク・ヘヨンの好物。幼い頃の家族との思い出があり、よく食堂で頼んでいたが、そこには意外な事実が。

人物相関図

パク・ヘヨン(イ・ジェフン)
チャ・スヒョン(キム・ヘス)
イ・ジェハン(チョ・ジヌン)

キャスト&スタッフ

<キャスト>

イ・ジェフン
『建築学概論』『パパロッティ』『高地戦』「秘密の扉」
キム・ヘス
『10人の泥棒たち』『観相師-かんそうし-』「オフィスの女王」
チョ・ジヌン
『悪いやつら』『暗殺』『パパロッティ』「アントラージュ(原題)」
チョン・ヘギュン
『王の運命 -歴史を変えた八日間-』
チャン・ヒョンソン
『シュリ』「ファントム」「サイン」

<スタッフ>

演出:キム・ウォンソク
「ミセン-未生-」「トキメキ☆成均館スキャンダル」

脚本:キム・ウニ
「ファントム」「サイン」「スリーデイズ〜愛と正義〜」

コメント

不思議な無線機で時間を超えるファンタジーとリアルな事件の融合。いくつもの謎が徐々に浮かび上がってくるそのゾクゾク感がたまらない。もう興奮するレベルの面白さ!1話見たら最後まで見ずにはいられません。田代親世(韓国エンターテインメント・ナビゲーター
過去と現在が混乱することなくむしろスピード感を作り出していて、16話じゃ物足りない。シリーズ化して続けてほしい!回を追うごとにイケメンじゃないけど実直な刑事役チョ・ジヌンの魅力にはまる。キム・ヘスとの無線越しのラブシーンにも感動。丸山幸子(「もっと知りたい!韓国TVドラマ」編集長)
アジアのドラマでこんなに面白いものが見られるとは。「諦めなければ、未来は変わる」。劇中に出てくるこのせりふには、韓国の作品でも諦めなければ世界に匹敵できる作品が作れるというメッセージも込められていると思います! 現代の刑事と過去の刑事が無線機で通信し、それによって主人公の未来が変わる。こんな仕掛けのおかげで、自分が想像している彼らの未来と実際ドラマで描かれる彼らの未来が、どう違うのか、気になって気になって、夜な夜な見ちゃいました。日本でリメイクするならピエール瀧さん、ぜひ!イ・ジェハン役をお願いいたします! 露木恵美子(「韓流ぴあ」編集長)
緻密なストーリーの中で脈打つ主人公たちの熱くピュアな思い。誰もに守りたい人がいて、その切な気持が過去と未来を繋ぎ、世界を変えていく展開に胸震え。骨太ドラマなのに人と人とのドラマが優しくてキュンとなり、号泣。 高橋尚子(ライター兼編集者)
善悪の境界の儚さをも表す巧みな脚本にぐいぐい引き込まれ、「(未来が)めちゃくちゃになっても構わない!」と切実に泣き叫び、誠実に生きる主人公たちに胸アツ。見終えたら、日常と向き合い誰かと語りたくなる…心震わせ前向きにしてくれる傑作です! 阿佐美澄子(「韓流旋風」ほか、編集者)
ありきたりなジャンルでは括ることのできない、作り手の“思い”が伝わってくる、あまりに深い人間ドラマ。毎回が驚きと感動の連続で身悶えさせられてしまった。いつまでも心に残る生涯の一作になるはず。小田香(「韓流ぴあ」ブレーンライター)
貧富の差や家族の確執。実際の事件をベースに韓国の闇をあぶり出すエピソードの数々は、日本の実情にも重なりリアルに胸に迫る。数百本の韓国ドラマを見た中で、これほど強く引き込まれ深く考えさせられる作品があっただろうか。 桑畑優香(ライター・翻訳家)

商品情報

セル

DVD-BOX1 2017.4.4(火)

4枚組/1話〜8話収録/OPSD-B630
封入特典:ブックレット/¥12,500+税

DVD-BOX2 2017.4.28(金)

4枚組/9話〜16話(完)収録/OPSD-B631
封入特典:ブックレット/¥12,500+税

レンタル

〈スペシャル・エディション版〉

DVD Vol.1-7 2017.4.4(火)

DVD Vol.8-13 2017.5.2(火)

2016年/韓国/音声:オリジナル韓国語 字幕:日本語
セル:全2BOX/レンタル:全13巻 原題:시그널
提供:電通  発売・販売元:エスピーオー