トピックス
ニュース

ソン・スンホン演じる天才画家、"イ・ギョム"初スチールカット公開

今月28日(土)よりKNTVで日本初放送となる「師任堂(サイムダン)、色の日記」(以下、「師任堂~」)。ソン・スンホンが演じる天才画家イ・ギョムのスチールカットが初めて公開され期待感を高めた。

「師任堂~」は、サイムダン(イ・ヨンエ)の生涯と秘密に包まれた愛を、韓国美術史専攻の非常勤講師ソ・ジユン(イ・ヨンエ/1人2役)が偶然手に入れた古い日記を手掛かりに紐解いていく物語だ。

ソン・スンホンが演じるイ・ギョムは、サイムダンと幼い頃に運命的な出会いを果たし、生涯彼女だけを愛し続けたまさに'朝鮮版ギャツビー'。サイムダンと愛を超え芸術で共鳴する彼は、頭からつま先まで芸術魂で一杯の自由な魂の持ち主だが、妥協しない強い信念で絶対君主への直言も躊躇しない、炎のような人生を生きた人物だ。

絵、書道、楽器、ダンス、全てに優れた才能を持っている朝鮮のアーティストで、かつ、狂気と切ない純愛を胸に秘めた男。ソン・スンホンは、そんな多彩で神秘な魅力を見せるイ・ギョムを通じ、新たな魅力を見せる予定だ。


4年ぶりにTVドラマに復帰するソン・スンホンの出演確定だけでも好奇心を刺激した「師任堂~」は、既に公開したキャラクターポスター、ティーザー映像だけでもソン・スンホンの圧倒的な演技変身に対する期待を高めていたが、さらに多彩なイ・ギョムの魅力が分かるスチールカットの公開でこれからソン・スンホンが見せてくれる期待感を一層高めた。

公開された写真の中で、ソン・スンホンは何かにとらわれたような狂気の目で1人の女の絵を描いている。

写真の中へ引き込まれそうな強い吸引力を見せ、見ている人たちまで息ができなくするくらいの圧倒的な存在感を発している。炎が赤々と燃え上がるような生々しい目で画に対する怖いほどの集中力芸術に対する執念。自由そのものを表現している。


また、別の写真からは一層深くなった目で女心を揺さぶっている。何処かほのかな切なさが感じられるソン・スンホンの雰囲気は彼が描く悲しい純愛に対する期待感を高めている。


ソン・スンホンが作り上げるイ・ギョム。一緒にはいられないが、同じ夢を心に持っているサイムダンとの不滅の愛がどう描かれていくかに期待が寄せられる。


「師任堂~」の制作関係者は「ソン・スンホンが表現していくイ・ギョムという人物は一言では説明できない多彩な魅力の持ち主。サイムダンに向けられたイ・ギョムの純愛と狂気にとらわれた自由な魂を全身で表現するソン・スンホンに期待してほしい」と話した。


「師任堂(サイムダン)、色の日記」は、2017年1月28日KNTVにて日本初放送される予定だ。


©Group Eight.

「ニュース」バックナンバーはこちら