レポート・インタビュー
キャストインタビュー

「師任堂(サイムダン)、色の日記」キャストorスタッフのインタビューを毎週1名ずつ掲載していきます。
今週は、朝鮮時代ではイ・ギョムの青年時代、現代ではジユンを支える大学院生ハン・サンヒョンを演じた、ヤン・セジョンさん!


<プロフィール>
ヤン・セジョン(イ・ギョム※青年時代 /ハン・サンヒョン)
1992年12月23日生まれ。韓国芸術総合学校演劇院演技科休学中。16年「浪漫ドクターキム・サブ」でデビュー。※初めてドラマ撮影に参加したのは「師任堂(サイムダン)、色の日記」。


第1回:2017.8.16掲載
第2回:2017.8.17掲載

ヤン・セジョン(イ・ギョム※青年時代 /ハン・サンヒョン)#2

― 初めての撮影シーンはどんなシーンでしたか?緊張はされましたか?

本当に覚えてないんです。
初めての撮影シーンを思い出せないのはすべてのシーンをほぼ初めての撮影シーンのように準備していたからです。
毎回事前に監督に確認してもらいましたね。

台本は4~5話まで出来上がっている時、すべてのシーンを前もって練習しました。
すべての撮影を初めての撮影シーンだと思って臨みました。



― 青年期のイ・ギョムとハン・サンヒョン、二人の人物を一つの作品の中で演じられています。
演じ分ける際に難しかったことはありますか?現代劇と時代劇を演じる上での違いなど、お聞きしたいです。

"演じ分け"という単語は一切考えませんでした。
とにかく現代でも、朝鮮時代でも、イメージを描くのが重要だと思いました。

現代のサンヒョンの場合は、僕は役作りの為、撮影がある日もない日も博物館に台本を持って行って1500年代から1700年代の東洋画や王様の肖像画、草虫図などをずっと見ていました。
国立中央博物館でまるで暮らしていたようでした。
一回だけでは足りないと思って、私と一体化させるのが正しいと思い、その場所で台本を読んでいたと思います。

時代劇の場合は現場に到着してすぐに韓服に着替えて、ロケ場所の民俗村を一人で歩きながらイメージを頭に盛り込もうとしましたね。

また、時代劇は思ったより創造の幅が広いと思いました。決まった枠組みの中で演じなければならないのかと思ったら、実際現場に行くと、より面白い気がしましたね。いろんな創造の余地があって楽しかったです。


撮影は、時代劇と現代劇を交差しながら行いました。
例えば月曜日には現代劇を撮影したら水曜日あたりには時代劇を撮影したり、ある時は丸ごと1週間現代のシーンを撮ったりもしました。
行ったり来たりしましたが、混乱はしませんでした。

もし、この二人の人物が繋がっているとしたらむしろ混沌したと思います。
しかしそうじゃなかったので、私はその部分では大変ではありませんでしたね。

 


― 青年期のイ・ギョムとサイムダンの恋物語は、物語の始点としてとても重要だったと思いますが、演じられる際に気をつけたことはありますか?

撮影に入る前に相手役のパク・ヘスさんと別途会って練習をたくさんしました。
無限反復ですね。二人で本当に繰り返し繰り返し練習しました。



― 台本を読んでイ・ギョムに共感できた事はありますか?反対に共感できなかったこともあればお聞きしたいです。

役者が自分が演じるキャラクターに対して共感するため努力しますよね。
もし、共感が出来ない部分があったら、感情の記憶を思い出して演じる時もあるし、私は共感するために本当に努力しました。
共感が難しいときはそれに類似する経験が自分にあったのか感情の記憶を思い出して演じた気がします。



― 本作は事前制作作品の為、撮影中に視聴者の反応はわからなかったと思います。
視聴者の反応が分からないことで不安になることはありましたか?

そういうのを思う暇もなかったです。演技以外の部分について考えられませんでした。
目の前に解決すべきことがたくさんあったので。何より練習だけに没頭してた気がします。


― 視聴者の方に特に注目して見てほしい点はどこですか?

満遍なく全体的によく見ていただきたいですね(笑)。
全てのシーンが大事なので。


―ここからはヤン・セジョンさんご自身のこともお聞かせください。
俳優を目指されたきっかけは何ですか?

俳優になろうとは実は思ったことはなかったんです。
ただ、「私もあの'演技'というものをしてみたい」と思いました。

そう思ったのが演劇舞台『スノードロップ』という作品を見てからです。
当時私は高校2年生でした。18歳で初めて演技ということをしたいと感じました。

こんな俳優になりたいとか、有名人になりたいという思いは今もないんです。
ただ、俳優たちがやっていることを私もしたいだけで・・・。それが好きでしたね。


― サンヒョンは書堂で教えたり、クラブでDJをしたりと多才でした。セジョンさんご自身は趣味や特技はありますか?

あります!
忙しくない限り、欠かせずやっていることがあります。
夜中、12時半~1時の間、歩きやすい服装をして街に人が少ないとき、イヤホンをして、目的地なしに歩き出します。
それが私の趣味といえますね。

特別なスケジュールがない限り毎日やっています。
小路にも入ったり、何の目的もなく、ただただひたすら音楽を聴きながら歩いていると3時間以上も歩きます。とても楽しいですよ。


― もし1日まるまる休みがあったら、何をしたいですか?

最近やりたいことがあります。朝6時に起きて、ジムに行って1時間運動します。
それから家に戻って8時頃に再びベットに。
午後2時に起きてシャワーを浴びて、久しぶりに家の大掃除をして、換気をして、好きな香水を吹きかけて、再び寝ます。
約2時間ほど?午後6時頃に起きてまたシャワーを浴びます。
それから夜の7時~8時頃に私が大好きな人、愛する人に会ってコーヒーを飲みたいですね。
ちょうどコーヒー一杯を飲んで積もる話をしてから、再び家に戻って大人しくベットに。

あら!
食事が入ってない。食事はコーヒーを飲む前にすることに。(笑)
 
家に戻ってきてから寝るまで私の大好きなワインを飲みながら映画を見ると思います。


― 日本のドラマや映画はご覧になりますか?好きな作品や俳優がいれば教えてください。

感銘深く見たのが日本のアニメーション『ハウルの動く城』でした。
とても面白かったです。新鮮な衝撃を受けた記憶があります。

私は本屋で2年ぐらいバイトをしていたのですが、お客さんがいない時はよく映画を観ていました。一人で映画を観ながら、出前したとんかつを食べていましたね(笑)。


― 最後に、これから「サイムダン」を観る日本の視聴者にメッセージをお願いします。

私だけでなく、現場にいた先輩の方々、スタッフ、監督が本当に熱情を注いでつくりあげた作品なので、たくさん見てくださいね!



================

「師任堂(サイムダン)、色の日記」

●予告編

●ブルーレイ/DVD

BOX1~3 好評発売中!
ブルーレイ)21,000円+税  DVD)18,000円+税

映像特典:メイキング/インタビューほか
封入特典:ガイドブックレット

発売元:フジテレビ/フィールズ/エスピーオー
販売元:エスピーオー

©Group Eight