レポート・インタビュー
キャストインタビュー

「師任堂(サイムダン)、色の日記」キャストorスタッフのインタビューを毎週1名ずつ掲載していきます。
今週は、欲望のためなら手段を選ばない冷酷な男・ミン・チヒョンを演じた、チェ・チョロさん!


<プロフィール>
チェ・チョロ(ミン・チヒョン役)
1970年3月2日生まれ。1990年、舞台「ニムの沈黙」でデビュー。「不滅の李舜臣」(04)、「テジョヨン」(06)、「トンイ」(10)、「千秋太后」(09)、「大王の夢~王たちの戦争」(12)など、時代劇で個性を発揮し、日本にも熱烈なファンを持つ。


第1回:2017.9.7掲載
第2回:2017.9.8掲載

チェ・チョロ(ミン・チヒョン役)#2

― ミン・チヒョンは自身の野心のために非道の限りをつくします。チェ・チョロさんから見て、ミン・チヒョンをあそこまで駆り立てていたものは何だったと思いますか?

人間の内面にはいつも善と悪が共存しています。そして、そのどちらが大きくその人を支配するのかによって、その人の人生は決まると思っています。過去にも今にも、人間の本性は変わっていないと思います。

ミン・チヒョンと言う人物は、極端なエゴイスティックさと権力欲が病的なまでに体一杯になっている、絶対悪だと思います。


― 演じながら面白かったシーン、楽しかったシーンは?その理由も教えてください。

前にも話しましたが、ソン・スンホンさんがイ・ヨンエさんにしたイタズラが一番大きく笑った瞬間でした。演技中では...悪役だったのであまり楽しいシーンはなかった気がします(笑)。


― 演じながら悩んだシーン、難しかったシーンは?その理由も教えてください。

フィウムダンが、子役のユン・イェジュさんからオ・ユナさんに変わってからすぐ、彼女と夫婦で登場するシーンがあるのですが、私が考えた設定とは余りにも違っていて...。非常に戸惑いを感じたのですが、監督がディテールを丁寧に説明してくださって。本当感謝していた記憶があります。

監督は、悪役である彼の日常生活に関する内容もちゃんと描いてくださいました。この場を借りて、改めて監督に感謝致します。


― 印象に残るセリフ、いいなと思ったセリフはありますか?その理由も教えてください。

4話(※全30話版)に「この時をしかと心に刻め・・・ここでそなたらの人生が変わる。こやつらを皆殺しできなければただの殺し屋となれど、皆殺しにすれば領議政様はそなたらの手柄を忘れぬであろう。斬れ」と言うセリフが出ます。

この事件はサイムダンとイ・ギョムの愛が実らない決定的な原因となる大事なポイントだと思います。


― チェ・チョロさんだからこそ知っている、 ①この作品の見どころ ②ミン・チヒョンの見どころ  をそれぞれ教えてください

①イ・ヨンエさんの1人2役の演技とサイムダンとイ・ギョムの悲しい愛、そして善と悪の戦いで善が勝つ過程を、迫力を持って表現されているところです。
②悪役として劇の緊張感を高ませているところです。イ・ギョムとミン・チヒョンとの張り合いは、本当に見どころだと思います。

― もし「師任堂(サイムダン)、色の日記」で、他の役を演じるとしたらどの役を演じてみたいですか?
その理由も教えてください。

中宗です。
弱さと狂気を同時に持っている両面性のある人物というのが、本当に魅力的だと思います。


― チェ・チョロさんの俳優としてのキャリアの中で、「師任堂(サイムダン)、色の日記」はどのような作品になりましたか?

悪役に対する渇きを感じていた私に、本当に恵みの雨のような作品でした。
さらに、イ・ヨンエさん、ソン・スンホンさんと共演できるという事で、この作品は私には本当感謝している作品です。


― 「師任堂(サイムダン)、色の日記」をこれから見る日本のファンに、メッセージをお願い致します。

本当に一生懸命に撮影しました。事前制作の作品だからこそ、この美しい映像美、良いストーリー、さらに素敵な俳優たちの熱演まで、全てが揃っている作品になっていると思います。是非ご覧ください。

いつもありがとうございます。皆さんの幸せを祈ります。


================

「師任堂(サイムダン)、色の日記」

●予告編

●ブルーレイ/DVD

BOX1~3 好評発売中!
ブルーレイ)21,000円+税  DVD)18,000円+税

映像特典:メイキング/インタビューほか
封入特典:ガイドブックレット

発売元:フジテレビ/フィールズ/エスピーオー
販売元:エスピーオー