レポート・インタビュー
キャストインタビュー

「師任堂(サイムダン)、色の日記」キャストorスタッフのインタビューを毎週1名ずつ掲載していきます。
今週は、サイムダンに対し激しい嫉妬心を燃やすフィウムダンを演じた、オ・ユナさん!


<プロフィール>
オ・ユナ(フィウムダン)
1980年10月14日生まれ。2000年サイバーレーシングクィーン選抜大会で1位となり、芸能界デビュー。「嵐の中へ」(04)、「恋愛時代」(06)で注目される。その後も美貌と安定した演技で「結婚してください!?」(10)、「お金の化身」(13)など話題作に出演。


第1回:2017.8.29掲載
第2回:2017.8.30掲載

オ・ユナ(フィウムダン チェ氏)#2

― 演じながら面白かったシーン、楽しかったシーンは?

劇中、3人(イ・ヨンエ、ソン・スンホン、オ・ユナ)での共演シーンがあり、演じていても感情的に本当につらくなるようなシーンなのですが...
でも...撮影現場の雰囲気はとってもよかったです(笑)。


― 演じながら悩んだシーン、難しかったシーンは?

難しかったシーンは、絶壁で撮影を行ったシーンです。
1回では撮り切れないほど長時間撮影し、泣くシーンは6回くらいも撮ったと思います。
風が強くてセリフもちゃんと拾えず、とても大変でした。


― オ・ユナさんだからこそ知っている、 ①この作品の見どころ ②フィウムダンの見どころ  をそれぞれ教えてください。

①この作品では、韓国のたくさんの画家たちの作品を鑑賞することができます。
民画の意味も一緒に考えながらご覧になると面白いと思います。

②変化していくフィウムダンの感情を、注意深くご覧いただけたらうれしいです。



― もし「師任堂(サイムダン)、色の日記」で、他の役を演じるとしたらどの役を演じてみたいですか? その理由も教えてください。

私はもう一度フィウムダンを演じたいです。
印象深い演技ができると思います。

― フィウムダンは、劇中「黒牡丹」と呼ばれ、美しく妖艶な魅力を放っていました。オ・ユナさんが、多忙なドラマ撮影スケジュールの中でもその美しさをキープできる秘訣を教えてください。

運動と肌にはとても気を遣いました。
韓服を着るのに太っていると美しくないので、食事にもとても気を遣いましたね。


― オ・ユナさんの女優としてのキャリアの中で、「師任堂(サイムダン)、色の日記」はどのような作品になりましたか?

「師任堂(サイムダン)、色の日記」は、韓国ではない他の国で私の名前を知ってもらえる作品だと思います。
また演技面でも、演技の幅を少し広げる良い機会になったと思います。

― 「師任堂(サイムダン)、色の日記」をこれから見る日本のファンに、メッセージをお願い致します。

「師任堂(サイムダン)、色の日記」は、韓国の強くて美しい女性の物語です。
美しく繊細で好奇心旺盛な少女から、環境に屈しない韓国の母となる姿を、すばらしく表現した作品だと思います。
日本でも母というのは強い存在だと聞いています。ですから、日本の方の感性にもよく合うと思います。

また、韓国を代表する韓国の絵がたくさん出てきますので、そのような絵を鑑賞するのも面白いと思います。

至らないところも多々ありますが、フィウムダンもぜひたくさん応援してください!



================

「師任堂(サイムダン)、色の日記」

●予告編

●ブルーレイ/DVD

BOX1~3 好評発売中!
ブルーレイ)21,000円+税  DVD)18,000円+税

映像特典:メイキング/インタビューほか
封入特典:ガイドブックレット

発売元:フジテレビ/フィールズ/エスピーオー
販売元:エスピーオー