ドラマをより深く!
今週のキーワード

KNTVでの日本初放送に合わせて、毎週放送された2話分から気になるワードをピックアップ!

解説していきます。

【最終回】ドラマ年表

ドラマ年表~彼女の生きた時代

今週のキーワード、最終回の今回は、実在したサイムダンとドラマに描かれたサイムダンを年表で表してみました。

<<年表を大きく表示する>>

これを見ると、ドラマに描かれたのは非常に短い時間だったということがわかります。出会い、別れ、20年後に再会し、その2年後にはまた永遠の別れがやってきます。48歳という短い生涯で、彼女は夫を支え、子どもを育て、そして芸術家としての才能を発揮しました。朝鮮時代の女性としては、他の女性には真似できないほど、人生を謳歌したといってもいいでしょう。

イ・ヨンエによって現代に甦った彼女の人生は、今後も永遠に光り輝き続けることでしょう。

Text:青島昌子(ライター、韓国語翻訳家) 
1990年代に韓国に留学。帰国後は翻訳、通訳として活動。韓流ブームとともに執筆活動に入る。翻訳書「スノーキャットのひとりあそび」(二見書房)共訳「韓国の歴史を知るための66章」(明石書店)「美男<イケメン>ですね フィルムブック」(キネマ旬報社)など。得意分野の本格時代劇を中心に、DVDオフィシャルライターとして「龍の涙」「ケベク」「チャン・オクチョン」「お願い、ママ」など、多数の作品に参加。

「師任堂(サイムダン)、色の日記」©Group Eight