ドラマをより深く!
深堀キャスト解説

「師任堂(サイムダン)、色の日記」といえば、主演のイ・ヨンエさん、ソン・スンホンさんの印象が強いですが、その他のキャストもかなりの実力派揃い!

このコラムでは、新星からベテランまで、「師任堂(サイムダン)、色の日記」に出演する俳優達を深堀していきます。

【最終回】世子|ノ・ヨンハク

体の衰えを感じ始めた中宗により執政を命じられる世子(のちの仁宗)役として、物語後半を動かすキーパーソンを担っているのが、子役出身俳優ノ・ヨンハクです。

ユ・スンホと同い年でキャリアも長い彼は、"子役界のチェ・スジョン"という愛称で呼ばれるほど、多くの時代劇で活躍しています。

ユ・スンホ(「プロポーズ大作戦~Mission to Love」より)


例えば、「イルジメ[一枝梅]」(08年)で演じたポンスンの亡兄スマク役を筆頭に、「善徳女王」(09年)では花郎"青龍翼徒"の長ソクプムの幼少期を、「チャクペ~相棒」(11年)ではチョン・ジョンミョン演じる主人公チョンドンの、「階伯(ケベク)」(11年)ではチョ・ジェヒョン演じる義慈王の、「大風水」(12年)ではソン・チャンウィ扮する風水師ジョングンの、それぞれ少年時代を演じるなど、あげればキリがないほど。

12年の 「大王の夢~王たちの戦争」では、新羅の名将キム・ユシンの少年期を演じ、その好演ぶりからKBS演技大賞青少年演技賞も受賞しています。
他にも、「火の神ジョンイ」(13年)で演じた主人公イ・ホン(光海君。成人時代を演じるのはイ・サンユン)の少年時代も印象的でした。

また、時代劇以外でも、「ロードナンバーワン」(10年)ではソ・ジソブ演じる主人公ジャンウが率いる軍の部隊に自ら志願してきた少年兵チャンシク役、 「サメ~愛の黙示録」(13年)ではヒロインの夫ジュニョンの若き日を、 「トライアングル」(14年)では主人公3兄弟の長男ドンス(演じるのはイ・ボムス)の、「恋はドロップキック!~覆面検事~」(15年)ではチュ・サンウク演じる主人公デチョルの少年期を務めるという活躍ぶり。

「トライアングル」より。

「恋はドロップキック!~覆面検事~」より。

また、「2度目の二十歳」(15年)でチェ・ジウ演じるヒロイン、ノラの大学の友人スンナム役に扮し、子役からの脱皮を遂げています。

「2度目の二十歳」より。

本作では、叔父であるギョムを慕い、父・中宗との葛藤も見せる世子を演じる一方、現代編でもなかなか興味深い役どころで登場。どんなふうに出てくるか、お楽しみに!


「師任堂(サイムダン)、色の日記」©Group Eight
「プロポーズ大作戦~Mission to Love」原作:フジテレビ「プロポーズ大作戦」「プロポーズ大作戦SP」(脚本:金子茂樹)
「トライアングル」 ©MBC2014
「恋はドロップキック!~覆面検事~」Licensed by KBS Media Ltd. © 2015 KBS. All rights reserved
「2度目の二十歳」(C)CJ E&M CORPORATION, all rights reserved

Text:高橋尚子(ライター兼編集者)
韓流ブーム初期から雑誌や書籍で原稿を執筆。
2005年には「韓国TVドラマガイド」(双葉社)を企画・創刊し、現在まで責任編集(執筆含む)を担当。
DVDのオフィシャルライターとしても「宮〜Love in Palace」「トキメキ☆成均館スキャンダル」「シンイ−信義−」「仮面」など、多くの作品に関わってきた。王道の胸キュンロマンスを得意とし、「イルジメ[一枝梅]公式応援ブログ」などWEBでの原稿執筆や、韓流トーク番組「どっぷり衛星劇場」のコメンテーターとしても活躍中。