コラム
師任堂通信 from KOREA

韓国在住のキムさんが「師任堂(サイムダン)、色の日記」にまつわる様々な情報を韓国から不定期でお届けしていきます。

リアルタイム韓国!10

*今週のリアルタイム韓国はネタバレがあります。ご注意ください*

芸術家たちの愛って本当ロマンチックですね〜♡

サイムダンがやっている紙工房に行ったイ・ギョム。
"いつもながら何の知らせもなしでこんないきなり来るのですね"とちょっと怒り気味で囁くサイムダンを見る目が愛に満ちていました

世子はただ彼女の画を褒めていたが真っ赤に塗られた彼女の絵から何かを悟ったイ・ギョム。
何がサイムダンを苦しめていたのか分からないが何も言わないサイムダンに聞くのもできない彼は悲しそうでした。

彼女の絵が全て売り物にはなっていると聞き彼は何の躊躇もなく彼女の絵を全て買い元の位置に戻し、
彼女が真っ赤に塗っていた絵の上に愛を込め思い出の花を一輪描いておきます。

その花を描く時のイ・ギョムの姿がその目がサイムダンを思う彼の愛がどれだけ美しいものなのかを語るようで、
彼のメッセージを受けその絵に蝶々を描き足すサイムダンの姿...それは言葉で語る愛だけが、熱く燃え上がる炎のような愛だけが
人の心を動かすのではないと感じました。

思わず自分が夫を傷つけていたと知ったサイムダンの悲しい心を癒したいのはイ・ギョムから送られた一輪の花、
そのすぐ隣を飛んでいる蝶々は彼に飛んでいきたい彼女の本心だったのではないかと感じました。

2人の愛でこの花咲く恋の春がもっと温かくなりそうです~♡


それではまた来週です~