コラム
鑑賞コラム

BSフジにて放送中の「師任堂(サイムダン)、色の日記」。
この放送に併せ、鑑賞コラムを掲載!
ライター高橋尚子さんが、より深く・より楽しく「師任堂~」を味わうためのポイントを、毎話放送後にお届けしていきます。

※コラムはその日放送された回の内容に触れています。まだご覧になっていない方はご留意ください。
※話数は、BSフジ放送版(全44話)です。


Text:高橋尚子(ライター兼編集者)
韓流ブーム初期から雑誌や書籍で原稿を執筆。
2005年には「韓国TVドラマガイド」(双葉社)を企画・創刊し、現在まで責任編集(執筆含む)を担当。
DVDのオフィシャルライターとしても「宮〜Love in Palace」「トキメキ☆成均館スキャンダル」「シンイ−信義−」「仮面」など、多くの作品に関わってきた。王道の胸キュンロマンスを得意とし、「イルジメ[一枝梅]公式応援ブログ」などWEBでの原稿執筆や、韓流トーク番組「どっぷり衛星劇場」のコメンテーターとしても活躍中。

第5話<BSフジ放送版>

 「金剛山図」を通して縁を結んだサイムダンとギョム。
サイムダンは自ら彫った「比翼鳥」の印をギョムに贈り、もう1つはあなたが彫ってくれ、2つで1つになる、と話しますが、こういうところがなんとも"進んでいる"感じがします。

一方で、ギョムが夜を徹してサイムダンのために描いたこの世にひとつだけのテンギ(髪飾り)には見向きもせず、彼にもらった珍しい墨に狂喜するあたりも含め、この頃からギョムを翻弄する

"魔性の芸術家"だったと言えるでしょう。

ちなみに、ギョムがテンギに描いたのは
芍薬の花。

比翼の鳥とともに、今後のエピソードにも絡んでくるアイテムなので、心に留めておいていただけると幸い。

そんな中、2人の運命を大きく変える出来事が、次から次へと連鎖するように起こっていきます。
見ている方も、
それ、しちゃダメだから!そこ、行っちゃダメだから!
と、奔放なサイムダンにハラハラしっぱなし。

いやほんと、好奇心旺盛は時に命取りです...。


 さらに、ギョムを密かに想うソクスンの行動にもヒヤヒヤです。

なにせサイムダンがギョム宛に書いた手紙を、ひょんなことからソクスンが届けに行くことになる、という展開が嫌な予感の引き金に...。

貧しくても自ら文字を学ぼうとするソクスンを目にし、自分が使っている筆をあげたり、髪についたゴミを取ってやったり(イケメンにこんなんされたら、恋に落ちますわよ!)、

ギョムよ、それは誤解を呼ぶってものよ!

と思わざるを得ません。
ギョムの罪深さを感じてしまった次第。

その結果、ギョムにすっかり恋してしまったソクスンは、サイムダンと彼が結婚してしまうことを怖れ、渡さなくてはならない手紙を反射的に隠してしまうのですねぇ。
あぁ、届かなかった手紙と、それによるすれ違い、韓ドラの定番ですわ。

翌日、手紙を読んでいたならギョムが現れるはずだった神木の前に現れたのはソクスンで。

サイムダンは彼女と雲平寺に向かうことにするのですが、道中、ギョムからもらったテンギ(髪結び)のことを話すサイムダンに対し、ものすごい目でテンギを凝視するソクスンが怖い怖い。

そうとも知らず、すっかりソクスンに打ち解けるサイムダンの人の良さというか、無邪気さというか、何ら人を疑わない性格も、このときばかりはハラハラです(もはやサイムダンに関しては常にハラハラ・笑)。

どうなる、サイムダン?

===============

<放送情報>
●BSフジ 放送中! 
毎週(月)~(金) 14:59~16:00 
【公式サイト】

●LaLaTV 8/21(月)~
毎週(月)~(金) 13:30~
【公式サイト】

<DVD情報>
●セル

ブルーレイ/DVD-BOX1~3(完) 好評発売中!
ブルーレイ)21,000円+税  DVD)18,000円+税

映像特典:メイキング/インタビューほか
封入特典:ガイドブックレット

●レンタル
DVD第1~25巻(完)好評レンタル中!

発売元:フジテレビ/フィールズ/エスピーオー
販売元:エスピーオー

©Group Eight

「鑑賞コラム」バックナンバーはこちら