シネマート新宿&シネマート心斎橋がお届けする劇場発信型映画祭「のむコレ」も今年で3回目!両館の支配人からみた「のむコレ」そして、現在好評開催中の今年の「のむコレ3」オススメ作品を聞きました。

<前編>タピオカのついでにホラー映画 2019.11.19更新
<後編>ジャケ鑑賞 2019.11.20更新

【シネマート新宿】中根春樹支配人
シネマート新宿歴12年!日々の劇場運営や上映スケジュールを組みたてるシネマート新宿の支配人。

【シネマート心斎橋】横田陽子支配人
シネマート心斎橋には2006年劇場オープン時から勤めはじめ、今年で12年目。好きな映画のジャンルは心に楔を打ってくるような映画。投げっぱなし映画。

========


― 「のむコレ」といえば風変わりな割引サービスの数々も楽しみですよね。

シネマート心斎橋 支配人 横田 陽子さん(以下、横田) 新宿でおばけになった人いましたよね?(笑)

シネマート新宿 支配人 中根春樹さん(以下、中根) 割引サービスではないですが、『レイス』ですね(笑)。心霊現象が起きて幽霊が見えるようになるというホラー作品で、その幽霊を"レイス"と言うんです。作品を盛り上げる為に「レイスを募集しよう!」という話になり(笑)。実際に応募が来たらラッキーだし、応募が来なくてもバカなことをやっている感じが「のむコレ」らしいかなと思って。でも募集を開始したらすぐに電話でご応募があり、その方にレイスになってもらいました。

『レイス』©2018 The Rebekah Project, LLC


― レイスは何をするんですか?

中根 上映初日の、お客様のお迎えとお見送りです(笑)。
一般の方なのですが、白い衣装とカツラを身に着けて、ご自身でメイクもばっちりしていただいて。ロビーの椅子に座った途端、カッ!とレイスに(笑)。写真を撮りたがる方も多く、盛り上がりましたね。


― 他にも印象的だった割引サービスはありましたか?

中根 『キックボクサー ザ・リベンジ』で、股割りをやってくれた人がいましたね。

横田 『霊幻道士Q 大蛇道士の出現!』ではお札を貼ってきてくれたり、『パグ・アクチュアリー ダメな私のワンダフル・ライフ』では、愛犬の写真を提示するとドリンクプレゼントだったのですが、この作品を観に来るお客様はほとんどが犬好きなので、ほぼ全員がすごい嬉しそうに愛犬の写真を「これうちの~」って見せてくれました。楽しかったですね。

『パグ・アクチュアリー ダメな私のワンダフル・ライフ』©2018PugnaciousFilmsLTD

― いつもとは少し違う映画館の雰囲気が楽しめる、まさにお祭りという感じですね。
では今年の「のむコレ3」は作品数も増え、更に豪華になっていますが、お二人から見て「のむコレ3」の魅力はどんなところだと思いますか?

横田 シネマート心斎橋は韓国映画を目当てに来てくれる方が多いので、今年は更に韓国映画の数が増えたことですかね。1日中劇場にいなくちゃいけないんじゃないですか!?みたいな気持ちです(笑)。


― 韓国映画の中で、特に注目作品はありますか?

横田 『王の男 デジタルリマスター版』ですね。2006年のロードショー公開の時も、シネマート心斎橋で上映したんですよ。

今回『王の男 デジタルリマスター版』を上映しますというニュースが出たとき、すぐに問い合わせの電話がたくさんかかってきました。皆さん「のむコレってなんですか?」という質問から始まり...(笑)。

『王の男 デジタルリマスター版』©2005 Cinema Service Co.,Ltd. All Rights Reserved.


― (笑)。では中根さんにとって、今年の「のむコレ3」の魅力はどんなところですか?

中根 横田さんの回答と少しかぶりますが、「のむコレ」は、1年目も2年目も"色々な国の色々な作品を上映しよう"ということが根底にありましたが、今年は原点回帰というか。韓国映画のラインナップを見ていると、"アジアのシネマート"というところに立ち返ったように思えて、それが今回の魅力でもあると思います。


― たしかに「のむコレ」だけでなく、シネマートは新宿・心斎橋ともに韓国映画のイメージがある方が多いと思います。「のむコレ」から話題が逸れますが「シネマートでは、韓国映画で特にこの人の作品は人気!」という方はいらっしゃいますか?

中根 監督になっちゃうんですけど、やっぱりナ・ホンジンですね。『哭声 コクソン』『哀しき獣』『チェイサー』。個人的にも好きですし、凄い才能だと思います。

『チェイサー』はシネマート六本木(2015年閉館)で上映し、『哭声 コクソン』『哀しき獣』はシネマート新宿でいわゆるファーストランでした。たくさんのお客様にご来場いただきました。

横田 心斎橋はファン・ジョンミンさんですね。

中根 ファン・ジョンミンさん、良いですねぇ。

横田 ファン・ジョンミンさん、良いですよねぇ。

彼はすごい人気があって、今年も主演作の『工作 黒金星と呼ばれた男』が大ヒットしました。彼の映画は、毎年1作品は上映していると思います。映画も良いし、ファン・ジョンミンさんご自身も魅力的だし。

去年の大阪韓国映画祭で来日されたのですが、その時にお会いすることができて。通訳の方が「日本で一番韓国映画を上映している映画館の人です」と紹介してくれて、握手してくれました。ファン・ジョンミンさんが登壇される日の上映は満席で、会場のロビーにお客さんが溢れていたのですが、その人たちにも挨拶しに来てくれて。すごい良い人でした。


― ファン・ジョンミンさんは、どういった層にファンが多いと思いますか?

横田 老若男女問わずですね。彼の作品は、おじいちゃんおばあちゃんも観に来てくれますよ。

中根 熱狂的なファンが多いというわけではなく、「ファン・ジョンミンが出ているからこの映画は面白い」「彼の映画はハズレがない」という感じでいらっしゃる方が多い印象です。


― では「のむコレ」に話題を戻しまして...今回の「のむコレ3」で、両館の注目作品はありますか?

横田 韓国映画でいえば『金の亡者たち』です。今すごく人気があるリュ・ジュンヨルくんの初めての主演作なので見逃せません。韓国以外だと『スーパーティーチャー 熱血格闘』。

中根 僕も『スーパーティーチャー 熱血格闘』がイチオシです。シネマート新宿でドニー・イェン作品を上映するのは、ほぼ初なんじゃないかな。新宿は、新宿武蔵野館さんでドニー・イェン作品を上映することが多いので、シネマートで上映する機会があまりなかったんですよね。


『スーパーティーチャー 熱血格闘』©2018 Mega Vision Project Workshop Limited. All Rights Reserved.


― ではシネマート新宿初のドニー作品もお見逃しなく!ですね。この作品は「熱血教師は1,000円!」と割引サービスがありますが...熱血先生かどうかの証明はどうしたらいいんでしょう?(笑)

中根 教員免許をお持ちいただいても良いですし、とりあえず先生だということが分かればOKです。例えば、部活動で熱血指導している写真とかでも大丈夫ですね(笑)。


― 熱血指導している、というところがポイントですね(笑)。では、お二人が個人的に注目している作品はありますか?

中根 私は『未成年』ですね。キム・ユンソクさんの初監督作品なのですが、あれほどの名優が制作側にまわるとどのような作品を作るのか気になります。

横田 私はイケてるオヤジ特集から『サスペクト-薄氷の狂気-』が観たいですね。「のむコレ」からの一言コメントにもありますが、本当に「のむコレでいいの?」って思うほどの豪華キャスト(笑)。ヘンリー・カヴィルにスタンリー・トゥッチとかね、ブレンダン・フレッチャーにベン・キングスレー。本当に「のむコレ」で良いのかなっていう(笑)。

あと、『祟り蛇ナーク』も気になるかな。凄いタイトルだなと思って(笑)。2019年の作品で、タイのホラーコメディをこのスピードで見られることはなかなか無いですよ。

『サスペクト-薄氷の狂気-』© 2018 Arcola Entertainment Limited. All Rights Reserved.


― では、今年ぜひ使ってほしい割引サービスはありますか?

中根 『フィナーレ "そいつ"が見えたら、終わり。』で「見えている人にはドリンクSプレゼント」しようと思っています(笑)。

横田 (笑)。


― それはコンセッションのカウンターで「私、見えてます」と自己申告すればOK?(笑)

中根 はい。あとはスタッフとやりとりしていただいて、見えていることを信じさせることができたら。

横田 それは色々問われますね(笑)。


『フィナーレ "そいつ"が見えたら、終わり。』© 2018 Frightgeist All Rights Reserved


― あと『カンフーリーグ』の「辮髪の方は、なんと無料!」も気になります(笑)。カツラはOKですか?

中根 いや、地毛で。でも...カツラだとしてもその気概で1000円サービスかな(笑)。

横田 カツラを買う方が高そう(笑)。


― (笑)ぜひ「のむコレ3」ご来場の方には果敢に様々な割引サービスに挑戦いただきたいですね。
では最後に、「のむコレ3」に関心を寄せてくださっている皆さんに、メッセージをお願いします。

中根 「のむコレ」は 1年目『戦狼 ウルフ・オブ・ウォー』2年目『ゴッズ・オウン・カントリー』と、ヒットした作品が後に全国公開されているんです。

この2作品のように、この映画祭での反響がきっかけで全国の映画ファンに作品を届けられることに繋がることがあります。観たい作品があればぜひご来場ください!

横田 お祭りなので、もうこの解説とか読まなくても写真だけみて「なにこれ面白そー」とか「こんなのほかで観られへんよね」って思うのを観に来てもらうのも面白いかなと思います。


― 『祟り蛇ナーク』とか(笑)

横田 そうですね、ジャケ買いみたいに(笑)。

『祟り蛇ナーク』© Five Star Production Co., Ltd. 2019

― それも「のむコレ」の面白さかもしれませんね。

横田 リピーター割引もあるのでぜひそれを利用して、日頃観ないような作品を見てもらえたらと思います。

中根 いいですね、ジャケ鑑賞。

横田 失敗してもいいじゃない、ということで(笑)。


========

「のむコレ3」

名作映画発掘フェスティバル「のむコレ」が 今年も開催︕
今年は上映作品が36 本とさらにスケールアップ!

シネマート新宿・シネマート心斎橋にて開催中!

<<「のむコレ3」公式サイト>>

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【インタビュー】「あなたが憎い!ジュリエット」イ・ホンギ&チョン・ヘソン <前編>"...
  2. 2【アジア俳優名鑑】チャン・ビンビン <張彬彬>
  3. 3【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  4. 4【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ <趙又廷>
  5. 5ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  6. 6【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  7. 7「輝くか、狂うか」をさらに楽しむ、歴史プチ知識#3:「シンユルのモデルになった人物と...
  8. 8みんなの推し韓ドラ★TOP5を発表!KCON2018 #私の好きなエスピーオー韓ドラ
  9. 9【アジア俳優名鑑】ダン・ルン <鄧倫>
  10. 10「明蘭」「花不棄」衛星劇場にて話題の中国ドラマ2作品を9月に日本初放送!
  1. 1【インタビュー】「あなたが憎い!ジュリエット」イ・ホンギ&チョン・ヘソン <前編>"...
  2. 2【アジア俳優名鑑】チャン・ビンビン <張彬彬>
  3. 3【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  4. 4【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ <趙又廷>
  5. 5みんなの推し韓ドラ★TOP5を発表!KCON2018 #私の好きなエスピーオー韓ドラ
  6. 6ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  7. 7【アジア俳優名鑑】ダン・ルン <鄧倫>
  8. 8盛り上がる中国時代劇!『中国時代劇ドラマ&スター完全ガイド』が重版決定!
  9. 9【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  10. 10【アジア俳優名鑑】シュー・ジェンシー <徐正曦>
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事