台湾×香港の豪華キャスト共演!「イタズラなKiss〜惡作劇之吻〜」のチュウ・ヨウニン監督が描く、恋愛本能を呼び覚ます大人のラブストーリー「恋愛動物」。

この度、本作のPRの為、ヒロイン夫婦と三角関係になる肉食系副社長ハウスを演じたレイ・チャンが初単独来日!来日を記念し、台湾文化センター(東京)にて、記者会見が行われた。

紺地に白の格子柄のスーツを爽やかに着こなしたレイ・チャンが登壇。182cmの高身長と筋肉質な体格で、細身のスーツを着こなすスタイルの良さに、司会者も思わず「本当にかっこいいですね」と一言。

その言葉に「あはは!ありがとうございます」と照れ笑いするレイ・チャン。「恋愛動物」ではクールなキャラクターを演じていたが、本人は明るく穏やかな人柄のようだ。

司会者から今回の来日について聞かれると

「日本には、3年前に撮影で来ました。その時はちょうど年末で、北海道でクリスマスを過ごし、そのあと飛行機で東京に来て年越しをしました。今回3年ぶりに東京に来たのですが、飛行機を降りた瞬間にその時の感覚が戻ってきましたね。

昨晩は東京湾でのクルージングイベントという珍しい体験もできましたし、この「恋愛動物」という作品を通じて、日本の皆さんとお会いできたのがすごく光栄ですし、嬉しく思います。」

と笑顔で語る。
本作「恋愛動物」のオファーを受けたときの気持ちについては

「凄くプレッシャーを感じました。クランクイン前の食事会でチュウ・ヨウニン監督から『レイ・チャン、私はありきたりな御曹司はみたくないし、ありきたりな厳しいだけの副社長も見たくない。』と言われました。その言葉はずっと私の心の中にあり、プレッシャーを感じていました。」

と明かす。だが、そのプレッシャーは克服できたようで

「クランクイン前に出演者が集まってレッスンを受けたのですが、そのレッスンですでに役通りの関係性を築くことが出来き、クランクインの時にはみんな物語の関係性の中で演じました。

完成した作品を見たとき『ハウスは僕ではない。ハウスだ』と感じたくらいです。」

と話す。

本作はそれぞれのキャラクターに動物があてはめられており、演じたハウスが"オオカミ"だったことに話題が行くと、

「オオカミであるハウスは仕事においては積極的で、決して弱い者いじめはせず、強い者を攻めていきます。ただ、恋愛においては一途。実際にオオカミは一生のうち1頭のメスにしか愛さないそうですが、ハウスも同じです。」

と語った。司会者から「ご自身は動物でいうと何?」と聞かれると、照れ笑いしながら「僕は自分がハスキー犬だと思います(笑)」と笑いながら即答。

「黙っているとクールに見られることが多いのですが、僕は情熱的だし、友達とのおしゃべりも大好き。オオカミと違って犬なので、情熱的で、一度好きになると噛んで離さないという人懐っこさがあるんです(笑)。」

と明るい素顔が見える発言が飛び出す。
本作には動物にまつわるアレコレがちりばめられているということで、司会者に「肉食系と草食系、どちらの女性がお好きですか?」と聞かれ、

「草食系が好きです。草食系の人は穏やかなので、何か2人の間に問題が起こったとしても、穏やかに話し合いをして理性的にその問題を解決していくことが出来そうな気がする。それは長続きする秘訣だと思うので、草食系の女性が好みですね。」

と女性の好みについても明かしてくれた。

役作りでは大変なことがいくつかあったようで、

「ハウスはとにかく厚かましい行動をするのですが、監督から『とにかく厚かましすぎるほどいい』と言われて。自分とは真逆の性格なので難しかったです。例えば、カットされてしまったシーンなのですが、フェンニーにラブソングを歌うところがあって...。嫌われてもいいから歌いなさいと言われたり...。」

とその時を思い出して辛そうに語るレイ・チャンの姿に会場から笑いが起きる。また外見上の役作りでも苦労があったようで

「私は運動が趣味なのですが、衣装さんにこれ以上筋トレをしないでくれと言われました。「このままだと、スーツが入らなくなる!」って(笑)。僕は運動が大好きなので、撮影中は運動をしない努力をしましたね(笑)。」

と話し、再び会場の笑いを誘う。

本作が10年ぶりとなったマイク・ハーとの共演について聞かれると

「もう一度、デビュー作である「七年級生」を2人でもう一度演じてみたい」と話す。この作品は僕が18歳の時の作品で、マイクにとってもデビュー作です。

まだ学生だったとき彼とは3つの作品で共演し、今回は10年ぶりの共演です。10年はあっという間でした。今改めて、もう一度互いのデビュー作である「七年級生」を演じてみたら面白そうだなって。」

と述べた。
最後に本作の注目してほしいポイントについて聞かれ、

「この作品は、すごく共感できる作品だと思っています。本作のテーマは"愛すること" "愛されること"は練習しないといけないということ。

2人が一緒になると、お互いの欠点が見えてきたり、価値観の違いを感じたりすることが出てきます。その時にどれだけ自分を変える努力が出来るのか。そうやって関係は維持していけると思います。

ぜひ本作で愛することを愛されることを感じて学んでいただきたいと思います。ぜひご覧ください!」

と笑顔で締めくくった。

==========


【「恋愛動物」放送情報】

6月30日(日)一挙放送スタート!
詳しくはホームドラマチャンネル公式サイトへ 


【「恋愛動物」DVD情報】

<<公式サイト>>

DVD-BOX1&2(各7,980円+税) 好評発売中!
レンタルDVD vol.1~vol.8 好評レンタル中

発売元&セル販売元:コミックリズ 
レンタル販売元:エスピーオー

©2018 Tianjin Golden Fox Culture Communication Limited All right reserved

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1「ここに来て抱きしめて」あらすじ&キャラクター紹介
  2. 2【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  3. 3<ネタバレ注意>「王女未央-BIOU-」あらすじ #41~54
  4. 4【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<1>「演技で勝負しようと思...
  5. 5【中国時代劇トリビア】第8回 強く美しき独孤三姉妹。史実ではどうだった?
  6. 6【アジア俳優名鑑】シュー・ジェンシー <徐正曦>
  7. 7【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ <趙又廷>
  8. 8【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー <杨幂>
  9. 9「明蘭」「花不棄」衛星劇場にて話題の中国ドラマ2作品を9月に日本初放送!
  10. 10<ネタバレ注意>「王女未央-BIOU-」あらすじ #21~30
  1. 1「ここに来て抱きしめて」あらすじ&キャラクター紹介
  2. 2【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  3. 3<ネタバレ注意>「王女未央-BIOU-」あらすじ #41~54
  4. 4【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<1>「演技で勝負しようと思...
  5. 5【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー <杨幂>
  6. 6【中国時代劇トリビア】第8回 強く美しき独孤三姉妹。史実ではどうだった?
  7. 7【アジア俳優名鑑】シュー・ジェンシー <徐正曦>
  8. 8【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ <趙又廷>
  9. 9「明蘭」「花不棄」衛星劇場にて話題の中国ドラマ2作品を9月に日本初放送!
  10. 10<ネタバレ注意>「王女未央-BIOU-」あらすじ #1~10
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事