愛する人を守るため、男は闘う道を選ぶ――
イ・ジュンギが冷酷な体を装う日本人商人と、復讐の悲しみを背負うガンマンの1人2役を熱演!「朝鮮ガンマン」がKBS Worldで1月1日より放送スタート!

"時代劇を最も魅せる"俳優として視聴者を魅了し続けるイ・ジュンギが、正面から挑んだ正統派史劇ロマンスが登場!扮装、アクション、ロマンス演技と多彩な表現で、朝鮮王朝末期という時代の変わり目に生きた男の愛と闘いをドラマチックに魅せていく。
イ・ジュンギと切ない愛を紡ぎ出すヒロインには、「犬とオオカミの時間」以来、7年ぶりの共演となるナム・サンミ。2014年KBS演技大賞では、ベストカップル賞に男女優秀演技賞(中編ドラマ部門)をともに受賞する快挙を得た。
また、感性豊かな映像と細やかな人物描写で「王女の男」をヒットに導いたキム・ジョンミンが演出を担当し、イ・ジュンギとの最強の時代劇コラボレーションが実現。朝鮮王朝最後の王・高宗の治世下、近代文明が広がる開化期を舞台に、朝鮮屈指の剣客の息子が父の復讐のためガンマンに生まれ変わるというストーリーも興味深く、史実を絡ませて進む展開、時代の躍動感を感じさせる内容は、時代劇ファンの心もくすぐること必至!


「朝鮮ガンマン」
2018年1月1日(月)スタート!
毎週月・火 23:20~24:35

※放送予定は変更の可能性がございます。
詳細はKBS World公式サイトを御確認ください。
⇒KBS World公式サイト 


★「朝鮮ガンマン」作品公式サイト


<あらすじ>
朝鮮王朝末期。時の王、高宗が支持する開化派の学者たちが謎の銃使いによって次々襲われ、武官のパク・ジナン(チェ・ジェソン)は王命により捜査に乗り出す。ジナンの息子ユンガン(イ・ジュンギ)は男装した娘スイン(ナム・サンミ)を銃使いと勘違い、さらに妙な縁から彼女の家に居候することに。はじめはユンガンに悪印象を抱くスインだったが、ユンガンに窮地を助けられ、互いに惹かれ合っていく。そんな中、ジナンが銃使いに殺され、ユンガンもスインの目の前で銃に倒れる。3年後、港を訪れたスインは、日本から商談のためにやってきた商人・半蔵に出会う。ユンガンに瓜二つの半蔵に驚くスインだが、半蔵の態度は冷たい。一方、半蔵は行商団・京畿褓商の長ウォンシン(ユ・オソン)と接触するが、その真の目的は腕に傷跡が残る銃使いを捜すことだった。


Licensed by KBS Media Ltd. © 2014 KBS. All rights reserved

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1ティファニー・タン、ルオ・ジン新作「歸去來」5月14日から放送スタート!
  2. 2「王女未央」でティファニー・タンが優秀女優賞受賞!ルオ・ジン「プレゼントを用意してあ...
  3. 3ジェリー・イェン、日本公式FC設立10周年記念ファンミーティング緊急開催決定!
  4. 4<ネタバレ注意>「王女未央-BIOU-」あらすじ #1~10
  5. 5中国イケメン図鑑-「天涯四美」:ウォレス・チョン(鐘漢良)
  6. 6成都新聞インタビュー:ティファニー・タン「心を広く持つことで、気にならなくなる」
  7. 7ウォレス・チョン×アーロン共演作「メモリーズ・オブ・ラブ~花束をあなたに~」DATV...
  8. 8【全話ふりかえり vol.3】「孤高の花~General&I~」
  9. 9<ネタバレ注意>「王女未央-BIOU-」あらすじ #31~40
  10. 10<ネタバレ注意>「王女未央-BIOU-」あらすじ #21~30
  1. 1ティファニー・タン、ルオ・ジン新作「歸去來」5月14日から放送スタート!
  2. 2「王女未央」でティファニー・タンが優秀女優賞受賞!ルオ・ジン「プレゼントを用意してあ...
  3. 3中国イケメン図鑑-「天涯四美」:ウォレス・チョン(鐘漢良)
  4. 4【全話ふりかえり vol.3】「孤高の花~General&I~」
  5. 5ウォレス・チョン×アーロン共演作「メモリーズ・オブ・ラブ~花束をあなたに~」DATV...
  6. 6<ネタバレ注意>「王女未央-BIOU-」あらすじ #1~10
  7. 7日本版「シグナル」主題歌が、BTS (防弾少年団)の「Don't Leave Me」...
  8. 8【全話ふりかえり vol.6】「私の妖怪彼氏」を全話ふりかえり
  9. 9ジェリー・イェン、日本公式FC設立10周年記念ファンミーティング緊急開催決定!
  10. 10【インタビュー】「シグナル」イ・ジェフン #1「だからこそ、出演したかった」
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事