★★今までの「インタビュー(韓国)」はこちら★★

先週より、Mnetにて放送がスタートした、2016年 tvNの最高傑作ヒューマンドラマ「シグナル」。今回は放送に併せ、本作のキャスト&インタビューを掲載!イ・ジェフンさんのインタビューに続き、第2弾は、演出家のキム・ウォンソクさんのインタビューです。

#1「実は、無線の声はほぼ私」:2017.6.19掲載
#2「それでもあなたは大人なのか?」:2017.6.20掲載
 <一部ネタバレあり>

【プロフィール】 キム・ウォンソク(演出家)
2007年SF短編ドラマで単独演出家デビュー。2010年、ユチョン主演「トキメキ☆成均館スキャンダル」でミニシリーズの単独演出を担当し大ヒット。その後も「ミセン-未生-」(14)「シグナル」(16)と大ヒット作を手掛け続けるヒットメーカー。

**********


― 「シグナル」 の演出を手掛けるまでの経緯を教えてください。

「ミセン-未生-」が終わってから別のドラマを企画していたのですが、制作会社の「Astory」の代表とキム・ウニ作家から先にご提案を頂いたので参加することができました。


― 「シグナル」の作品全体で、キム・ウォンソクさんが特にこだわられたことは何ですか?

今回の作品だけではなくいつも私が一番大事に考えている事は、"現場での全ての判断基準は演技、感情。カメラワークや画(構図)はその次だ"。良い感情を超える画はないということです。

― 撮影は物語に沿って順番に撮影されていきましたか?

いいえ。撮影は状況(場所、天気、俳優のスケジュール)などを考慮して順番を決めました。

― 劇中では1989年~2015年まで様々な時代が出てきます。それぞれの時代を「その時代」と視聴者に理解させる上で、どのような点を工夫されましたか?

シグナルでは大きく1988年<ギョンギ南部連続殺人事件>、1994~1995年<大泥事件、ハンヨン橋崩壊事件>、1998年<ホンウォンドン事件>、2000年<インジュ事件、キム・ユンジョン誘拐事件>、2016年現在など5つの時代が登場します。その時代に合う服装、ヘアースタイル、室内の小物、車など、それぞれの時代のリアルさを反映するよう最大限努力しました。
ただ、音楽はその時代に流行った音楽にせず、60~70年代の音楽をリメイクし、統一感を出しました。そうして複数の時代が出て来ても、複雑にならないようにしましたね。



― 物語のキーアイテムである無線機を、なぜあのタイプにされたか教えてください。

まずは時代上、80年代後半に実際警察が使っていた無線機を基本に使用しました。ただ、無線機に電源が入っていたり相手が話していたりする時にはもっと視覚的な効果が必要だと思い、前面に光が灯るよう音量ゲージを追加しました。



― イ・ジェフンさんは「ミセン-未生-」の時もオファーされたそうですね。今回もキム・ウォンソクさんからオファーを出されたのですか?
もし、そうであれば理由をお聞きしたいです。また、パク・ヘヨンというキャラクターについて話合いやリクエストはされましたか?

イ・ジェフンさんは『番人』、『高地戦』のような映画からも優れた演技力を見せていました。年齢に比べると大人しく、いつも努力する姿勢で挑む素晴らしい俳優です。魅力的な外見も大きく影響しました。


― キム・ヘスさんは、20代の新米刑事と、40代のベテラン刑事という、同じ人物でありながら、違う演技をしなければならないチャ・スヒョンを見事に演じられていました。演技を切り替えるのが大変な役だったと思いますが、話し合いや演技のリクエストはされましたか?

最初から20年前の役も本人が直接に演じないといけないと話しました。
キム・ヘスさんは自己管理を徹底している俳優で、今も30代の頃の外見を維持しています。少しのメイクとCGで、ビジュアルはすぐ20代になれると思いました。
演技に関しては意図的に若い感じの声を出したりするような演技はしないでほしい、とお願いしました。あとから聞いた話ですが、キム・ヘスさんは、イ・ジェハン刑事とのシーンを撮影する時は本人の初恋を思い出しながら演じたと聞きました。


― チョ・ジヌンさんは、劇中で10年以上の変化があるイ・ジェハンという刑事の役を見事に演じられていました。
話し合いや演技のリクエストはされましたか?また、チョ・ジヌンさんはどのような俳優だと思われますか?

特別に注文した事はなく、ただ本人が感じた通りに演じて欲しいとお伝えしました。チョ・ジヌンさんは本能的に演技をする俳優で、本人が実際に感じれば感じるほど、より良い演技が出るんです。チョ・ジヌンさんが脚本にすごく感情移入していたので、これ以上のない演技が生まれたと思います。


― キム・ウニ作家とのお仕事は今回が初めてだと思います。キム・ウォンソクさんから見て、キム・ウニ作家はどんな脚本家ですか?

キム・ウニ作家の台本はスピード感と没入感が凄いです。天才的な作家だと思います。普段のキム・ウニ作家はとっても愉快で面白い方です。よく冗談も言いますし。

キム・ウニ作家


― 多方面から絶賛を受ける本作ですが、キム・ウォンソクさんが手掛けれられた作品の中で「シグナル」はどのような存在ですか?

シグナルは実際に賞も多く貰ったのですが、視聴者の皆さんから頂いた褒め言葉が、私にはとっても大きい賞状のように感じられます。身に余るほどの賞状を頂いた分、これからもっと努力して頑張りたいと思います。


<第2回へ続きます>


**********

「シグナル」

●予告編





●ダイジェスト映像





●DVD情報


DVD-BOX1&2  各12,500円+税 好評発売中!
レンタル<スペシャル・エディション版>vol.1~13 好評レンタル中!
提供:電通  発売・販売元:エスピーオー

©2016 Studio Dragon & ASTORY

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  2. 2【毎日ちょい見せ☆まとめ】12/28までの期間限定!「台北ラブ・ストーリー〜美しき過...
  3. 3ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  4. 4【のむコレ2018特集】宣伝担当&『ゴッズ・オウン・カントリー』上映委員会 村井さん...
  5. 5【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  6. 6【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  7. 7【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<1>「演技で勝負しようと思...
  8. 8【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ(趙又廷)
  9. 9イ・ジュンギ最新主演作!「無法弁護士(原題)」8/20日本初放送決定‼
  10. 10驚異の視聴回数490億回越えのラブロマンス史劇「永遠の桃花~三生三世~」10/2セル...
  1. 1【毎日ちょい見せ☆まとめ】12/28までの期間限定!「台北ラブ・ストーリー〜美しき過...
  2. 2ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  3. 3【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  4. 4【のむコレ2018特集】宣伝担当&『ゴッズ・オウン・カントリー』上映委員会 村井さん...
  5. 5【インタビュー】「花と将軍」ション・イールン「単純に柔らかく美しいところを表現するだ...
  6. 6【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<1>「演技で勝負しようと思...
  7. 7【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  8. 8【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  9. 9「王女未央」でティファニー・タンが優秀女優賞受賞!ルオ・ジン「プレゼントを用意してあ...
  10. 10ティファニー・タン、ルオ・ジン新作「歸去來」5月14日から放送スタート!
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事