フィルメックスで毎回満席になるジョニー・トー(杜琪峰)監督の『華麗上班族』が上映され、脚本のシルビア・チャン(張艾嘉)がQ&Aに登場しました。

シルビア・チャンが脚本、演出を手掛けた舞台劇「華麗上班族之生活與生存」を、自らが映画用に改編し、ジョニー・トーが監督に名乗り出た本作の第一の注目はやはり、シルビア・チャンとチョウ・ユンファ(周潤發)の再共演! 25年前、若かりしふたりが共演し観客の涙を枯れ果てさせた『過ぎゆく時の中で』の監督もジョニー・トーでしたね。

今回は、上場を目指す企業に勤めるやり手社員たちの成功と挫折を、なんとなんと、ミュージカル仕立てで描いています。いや~ビックリだけど、楽しい。確かに舞台劇っぽい演出です。
イーソン・チャン(陳奕迅)は歌手なので別格として、歌に抵抗があったというタン・ウェイ(湯唯)ですが、上手いし可愛いかった。 ユンファは残念ながら歌っていません。

舞台では台湾のジョセフ・チャン(鄭元暢)が演じた新入社員リー・シャン(李想)ですが、映画版ではワン・ズーイー(王紫逸)という俳優さんが演じています。彼がすごく魅力的! 一瞬、ショウ・ルオ(羅志祥)かと思いました。彼は俳優・巍子の息子さんで、ワン・シャオシュアイ(王小師)やジャ・ジャンクー(賈樟柯)の作品に出演しています。今後も要注目です。
彼が繰り返す、「李安(アン・リ-)の李、夢想の想です」という自己紹介が、最後に利いてきます。

本作の魅力はキャストだけではありません。まず音楽を担当したのが、ヒットメーカー、ロー・ダーヨウ(羅大佑)。「何必呢」が先の台湾金馬奨の楽曲賞にもノミネートされていました。彼もまた『過ぎゆく時の中で』組ですね。
そして第2の主役といえるのが美術! とにかく凄い! 地下鉄と、そこから直結するエレベーターホール、そしてオフィスや会議室。豪華でもあり、計算しつくされたシンプルさも感じられる見事なセットです。こちらは、お馴染みウィリアム・チャン(張叔平)とヤウ・ワンミン(邱偉明)の手によるもの。金馬奨では、種田陽平が手掛けた『捉妖記』や強敵『黒衣の刺客』を押さえ、最優秀美術賞に輝きました。映画を観たら納得です。

さて、そんな豪華で賑やかな作品ですが、内容はなかなかにシビアです。
生まれつき「持たざる者」がようやく手に入れた繁栄は、欲を出したとたんにその手からこぼれ落ち、結局は生来「持てる者」が王座に君臨し続ける。しかし彼らとて、人生の勝者ではない。
特に、もう若くはない人間の引き際に、思いがけず涙してしまう作品でした。(文:村野奈穂美)


動画は次ページへ

  • 1
  •  
  • 2

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1台湾人気俳優ジェリー・イェン ファンミーティング Jerry Yan Fanmeet...
  2. 2「ここに来て抱きしめて」あらすじ&キャラクター紹介
  3. 3【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  4. 4【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ <趙又廷>
  5. 5【アジア俳優名鑑】イーサン・ルアン <阮經天>
  6. 6【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー <杨幂>
  7. 7【中国時代劇トリビア】第8回 強く美しき独孤三姉妹。史実ではどうだった?
  8. 8ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  9. 9【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<1>「演技で勝負しようと思...
  10. 10「明蘭」「花不棄」衛星劇場にて話題の中国ドラマ2作品を9月に日本初放送!
  1. 1「ここに来て抱きしめて」あらすじ&キャラクター紹介
  2. 2台湾人気俳優ジェリー・イェン ファンミーティング Jerry Yan Fanmeet...
  3. 3【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  4. 4【中国時代劇トリビア】第14回「扶揺~伝説の皇后~」中国時代劇に登場する、不思議な石...
  5. 5【アジア俳優名鑑】ヤン・ミー <杨幂>
  6. 6【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ <趙又廷>
  7. 7「明蘭」「花不棄」衛星劇場にて話題の中国ドラマ2作品を9月に日本初放送!
  8. 8【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<1>「演技で勝負しようと思...
  9. 9【アジア俳優名鑑】チャン・ビンビン <張彬彬>
  10. 10ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事